〜解説〜

11月10日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。

ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-3

At last the moment came. We jumped off, and I ran twenty yards off the road and threw myself down in a little hollow behind a bush. Then to my horror, the whole convoy stopped - I heard whistles and shooting and then, seeing the guard running over to the far side of the road, I had no doubt what had happened. Lobenhoffer must have been discovered, and as he was carrying our rucksack with all our gear, there was nothing for me to do but to give up my hopes of escape as well. Fortunately, I succeeded, in the confusion, in getting back into my seat without being noticed by any of the soldiers. Only my comrades knew that I had got away, and, naturally, they said nothing.

Then I saw Lobenhoffer: he was standing with his hands up, facing a line of bayonets. I felt broken with the deadly disappointment of our failure. But my friend was really not to blame for it. He was carrying our heavy rucksack in his hand when he jumped off, and it seems that it made a clatter, which was heard by the guard; so he was caught before he could gain the shelter of the jungle. We learned from this adventure a bitter but useful lesson, namely that in any combined plan of escape, each of the escapers must carry all that he needed with him.


the far side of the road:道の反対側、と訳してみました。
nothing for me to do but to 〜:「私には、〜以外残されていない」という意味になります。
which:a clatter にかかります。
gain the shelter of :「〜に隠れ込む」と訳しました。
he:each of the escapers を指します。

訳:



抑留-3

 ついにその時が来た。我々は(トラックから)飛び降りた。そして、私は道から20ヤードほど離れた茂みのへこみの部分に身を隠した。その時、私を震え上がらせることが起きた。トラックの全隊列が止まったのだ。そして、笛の音と銃声が響き渡り、多くの監視兵が道の反対側に駆け出していくのが見えた。何が起こったのかは、疑う余地が無い。ローベンホッファーが見つかってしまったのだ。彼が我々の(逃亡の)道具類すべてをリュックサックに入れて運んでいたため、私も逃亡の望みを諦めなければならなくなってしまった。幸運にも、私は、兵士達に気付かれることなく、(トラックの)座席に戻ることに成功した。仲間達は私のいなくなったことに気付いていたが、もちろん何も言わないでいた。

 その後、私はローベンホッファーを見た。銃剣の列の前に手を挙げて立っていた。私はこの失敗で非常に気落ちしてしまった。でも、友に責任がある訳じゃない。彼は飛び降りる際、思いリュックを手に持っていたのだ。そしておそらく、それがカタカタという音を立ててしまったのだろう。それを監視兵に聞かれてしまい、彼はジャングルに隠れ込む前に捕まってしまったのだ。我々は、今回の冒険から、苦いが有益な教訓を学んだ。どんな共同作戦であろうと、各々が必要な装備を全て持つべきであることを。


英語トップ前の解答へ次の解答へ