〜解説〜

11月25日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。

ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-4

In the same year, we were moved to another camp. This time we were convoyed by rail to the greatest POW (prisoners of war) camp in India, a few miles outside the town of Dehra Dun. Above Dehra Dun was the hill station of Mussoorie, the summer residence of the British and rich Indians. Our camp consisted of seven great sections, each surrounded by a double fence of barbed wire. The whole camp was enclosed by two more lines of wire entanglement, between which patrols were constantly on the move.

The conditions of our new camp altered the whole situation for us. As long as we were down below in the plain, we always aimed to escape into one of the neutral Portuguese territories. Up here, we had the Himalayas right in front of us. How attractive to a mountaineer was the thought of winning through to Tibet over the passes. As a final goal, one thought of the Japanese lines in Burma or China.


this time:「今回は」
double:「二重の」
Our camp:おそらく、捕虜収容所は、こういう状況になっていたと思われます。
alter:「変化させる」新しい収容所の環境のために、我々の状況が「変化した」という様に訳します。
gain the shelter of :「〜に隠れ込む」と訳しました。
one:主語です。変則的ですが、we を指していると思われます。

訳:



抑留-4

 その年の間に、我々は、もう一つ別の収容所に移された。今回は、デーラドゥンの街の数マイル外にある、インド最大の戦争捕虜収容所に列車で護送された。デーラドゥンの上の方には、イギリス人や裕福なインド人の夏の避暑地である、ムッスーリーの高所移住地がある。我々の収容所は、7つの大きな区画で構成されていた。それぞれの区画は二重の鉄条網のフェンスで囲まれている。さらに収容所全体に、二重の鉄条網が張り巡らされており、その鉄条網の間を常に監視兵が見回っていた。

 新しい収容所の環境が、我々の事情を一変させた。下の方、つまりインド平原にいた間は、いつも中立国ポルトガルの植民地の一つに逃げ込むことばかり考えていた。しかし、ここでは、我々の目の前にヒマラヤがある!峠を越えてチベットにたどり着くというのは、登山家にとってどんなに魅力的なアイディアであろう。最終目的地としては、ビルマか中国の日本軍の前線を考えていた。


英語トップ前の解答へ次の解答へ