〜解説〜

2月11日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。

ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-9

Fortunately for him, he received the pay of an English general, and money was no problem. He was able to procure for our flight things that I could never have obtained. What he needed was a partner familiar with Himalayas - so we very soon joined forces on the basis that I should be responsible for all the planning, and he for the money and equipment.
Several times every week I used to crawl out to discuss details with Marchese, and by practice became an expert in penetrating barbed wire. Of course there were various possibilities for the escape, but the one that seemed to me the most promising was based on one important fact - that every eighty yards along the outer fence enclosing the whole camp was a steep, straw-thatched roof that had been put up to protect the sentries against the tropical sun. If we could climb over one of these roofs, we should have crossed the two lines of barbed wire at a single bound. In May 1943, we had completed our preparations. Money, provisions, compass, watches, shoes, and a small mountaineer's tent were all ready.


訳:



抑留-9

幸運なことに、彼(マルケーゼ)はイギリス将校と同じだけのお給料を貰っていたので、金の問題が無かった。彼なら、私が決して入手出来なかった逃亡用の品々を手に入れることが出来る。彼に必要なのは、ヒマラヤに詳しいパートナーだ。そこで我々はすぐ、私は計画全般に責任を持ち、彼は資金と装備に責任を持ち協力し合う、ということにした。
毎週数回ずつ私は(鉄条網を)這い出て、マルケーゼと詳細を話し合ったものだ。この習慣のおかげで、私は鉄条網越えのエキスパートになってしまった。逃亡の可能なやり方はもちろんいろいろあったが、私が一番確実に思った方法は、ある重要な事実に基づいたものである。収容所全体を囲うフェンスに沿って、80ヤード毎に、急勾配のわらぶき屋根が設けられている。これは、見回り兵を熱帯の太陽から守るためのものだ。もし、我々がこの屋根を登って越えたら、二重の鉄条網を一挙に越えることが出来る。1943年5月、我々は全ての用意を終わらせた。金・食料・コンパス・時計・靴、そして登山用の小さなテントだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ