〜解説〜

2月27日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。

ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-10

One night we decided to make the attempt. I climbed as usual through the fence into Marchese’s wing. There I found a ladder ready, which we had grabbed and hidden after a small fire in the camp. We leaned it against the wall of a hut and waited in the shadow. It was nearly midnight, and in ten minutes the guard would change. The sentries, waiting to come off duty, walked slackly up and down. A few minutes passed until they reached the point where we wanted them. Just then the moon came up over the tops of the tea plantation.

There we were. It was now or never.

Both the sentries had reached their farthest point from us. I got up from my crouching position and hurried to the fence with the ladder. I laid it against the overhanging top of the fence, climbed up, and cut the wires, which had been bunched together to prevent access to thatch. Marchese pushed the thicket of wires to one side with a long, forked stick, enabling me to slip through onto the roof. It was agreed that the Italian should follow me immediately, while I held the wire apart with my hands, but he did not come. He lingered for a few ghastly seconds, thinking that it was too late and that the guards were already returning ? and, indeed, I heard their steps. I left him no time for further reflection but caught him under the arms and pulled him onto the roof. He crept across and dropped heavily down into freedom.


訳:



抑留-10

ある夜、我々は企てを実行することに決めた。私は、いつもの様に、フェンスを越えてマルケーゼの翼に行った。そこには梯子を一つ用意おいたのを見つけた。これは、キャンプでぼやが起こったときにいただいておいたものである。我々は、これを小屋の壁に立てかけておき、物陰に潜んで待った。もう少しで真夜中、10分以内に見張り兵の交代だ。見張り兵達は、仕事から解放されるのを待ち構えて、だらだらと行ったり来たりしながら歩いていた。数分後、彼らは我々にとって都合の良い場所に到達した。丁度月が紅茶農園の上に昇った。

さあ、今だ!今しか無い!

見張り兵が二人とも我々から一番遠い位置に到達した。私は、かがんだ状態から立ち上がり、梯子を持ってフェンスに急いだ。そして、梯子をフェンスの上が内側に張り出した部分に立てかけ、それにのぼり、わらぶき屋根へ到達するのを邪魔している、束ねられて瘤状になったワイヤーを切った。マルケーゼが長い二股に分かれた棒で、複雑に入り組んだワイヤーを押しのけてくれたので、私は屋根の上に上がることが出来た。私が両手でワイヤーを押し広げている間に、マルケーゼがすぐに私の後に従うはずだったのだが、彼は来ない。彼が、数秒ためらっていた時にはぞっとした。もう間に合わない、見張り兵が戻ってきてしまう、と考えてしまった。しかも、本当に足音が聞いてしまったのだ。私は、彼に考える暇を与えず、腕の下から掴まえて屋根の上に引っ張りあげた。彼は屋根の上を這いながら横切り、どん、と地面に飛び降り、自由になった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ