〜解説〜

9月24日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-23

Soon after this incident, we were so overcome by thirst that we simply could not go on and had to lie down, although it was long before dawn. When morning came, I climbed down the steep slope alone in search of water, which I found. The next three days and nights were a little better; our path lay through dry fir woods that were so lonely that we seldom met Indians in them, and ran very little risk of discovery.

On the twelfth day of our flight, a great moment came. We found ourselves on the banks of the Ganges. The most pious Hindu could not have been more deeply moved by the sight of the sacred stream than we were. We could now follow the Pilgrims' Road up the Ganges to its source - and that would greatly lessen the fatigues of our journey, or so we imagined. We decided that, having got so far and so safely by our system of night travel, we would not risk a change, so we continued to lie up by day and move only by night.


訳:


抑留-23

この事件のすぐ後で、我々はあまりの喉の渇きに全く動けなくなり、夜明けまでだいぶ時間があるにも関わらず、横にならざるを得なかった。夜が明けたら、私は水を求めて急な坂を降り、やっと見つけた。次の三日3晩は、わずかながら状況がよくなった。我々の進んでいる道が、乾いた樅の林の中を通り抜けており、滅多にインド人に遭遇することがなかく、発見される危険を冒さなくても済んだ。
逃亡12日目、ついにこの時がやってきた。ガンジス川の岸辺に辿り着いたのだ。聖なる流れの姿に、我々はどんな敬虔なヒンズー教徒より深く感動を覚えた。我々は、今度はガンジスに沿う巡礼路を遡って行くことができる。これで、旅の疲れもずいぶん楽になるに違いない。ともかくも、夜旅をすることで、ここまで安全に辿り着くことができた。そこで、わざわざ危険を冒してまで、これを変更するのはやめ、(これまで通り)昼は休み夜異動ということを続けることに決めた。


英語トップ前の解答へ次の解答へ