〜解説〜

11月24日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-27

Whether as a result of Marchese's completely genuine groans or of my playacting, the Indians vanished again. We spent the next night in continual fear of their return and expected them to come back with an official. However, we were not molested.

With things as they were, the days did little to restore our strength, and indeed they laid a greater strain on us than the nights. Not, of course, muscular but nervous strain, as we were in a state of continuous tension. By midday our water bottles were generally empty, and the remainder of the day seemed never - ending. Every evening Marchese marched heroically forward, and in spite of exhaustion caused by loss of weight he could carry on till midnight. After that he had to have two hours' sleep to enable him to march a stage farther. Toward morning we bivouacked, and from our shelter could look down on the great Pilgrims' Road with its almost unbroken stream of pilgrims. Strangely garbed as they often were, we envied them. Lucky devils! They had no cause to hide from anyone. We had heard in the camp that something like sixty thousand pilgrims came this way during the summer months, and we readily believed it.


訳:


抑留-27

マルケーゼの完全に正真正銘のうめき声か、私の演技が功を奏したのだろう、インド人たちは再び姿を消した。翌晩我々は、彼らが戻ってくるのではないか、役人も連れてくるのではないか、とずっと恐れ続けていた。しかし、我々はそれ以上悩まされることはなかった。

こんなことがあると、昼間、体力の回復なんてほとんど出来なかった。むしろ夜より疲労した。もちろん、肉体疲労ではなく、精神疲労だ。何せ、ずっと緊張状態にあった訳だから。たいてい正午までには水筒は空になり、残りの昼間が永遠に続くように感じた。体重減少による消耗にも関わらず、マルケーゼは、真夜中までならがんばって、しっかり前進することが出来た。その後は、さらに先に進むために、2時間の睡眠を必要とした。朝が近づくと野営した。隠れ場からは巡礼路を見下ろすことが出来たが、巡礼たちの(人の)流れが途切れることはなかった。奇妙な服装の人間もしばしば見かけたが、我々は彼らが羨ましかった。幸運な人たちよ!彼らは誰かの目から隠れる理由なんて無いのだから。我々が捕虜収容所にいるときに、夏の間にこの道を60万くらいの巡礼たちが通ると聞いたが、(この状況を実際に見て)納得した。


英語トップ前の解答へ次の解答へ