〜解説〜

12月25日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-29

The valley up which our way led us became less and less inhabited as we progressed. In the daytime we had no trouble in finding suitable shelters, and I could often leave my hiding place and go in search of water. Once I even made a small fire and cooked some porridge - the first hot meal we had eaten for a fortnight.

We had already reached a height of nearly 7,000 feet and during the night we often passed camps of Bhutia, the Tibetan traders who in summer carry on their business in southern Tibet and in winter come across into India. Many of them live during the hot weather in little villages situated above the 10,000 foot level, where they grow barley. These camps had a very disagreeable feature in the shape of the powerful and savage Tibetan dogs - a shaggy-coated, middle-sized breed - which we now encountered for the first time.


訳:


抑留-29

谷を上に進むほど、人気がなくなってきた。昼間は隠れ場所を探すのに苦労しなかったし、しばしば水探しに隠れ場所を離れることも出来た。一度などはちょっと火を起こして粥なぞをいくらか作ってみたりもした。二週間ぶりの暖かい食事だ。

我々はすでに標高約7,000フィートに到達、夜の間にちょくちょくブーティア、つまりチベット商人たちのキャンプを通り過ぎた。彼らは夏の間はチベット南部で商売し、冬になるとインドに渡ってくる。彼らの多くは、暑い間は標高10,000フィートを超える高地にある小さな村で暮らすが、そこでは大麦を育てている。このキャンプには、不愉快なことに力が強くて獰猛なチベット犬がいた。もじゃもじゃの毛に覆われ、中ぐらいの大きさの犬で、今までに見たことのない種類だ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ