〜解説〜

1月9日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-30

One night we arrived at one of these Bhutia villages which are inhabited only in summer. It looked very homelike with its shingle- and stone-covered roofs. But behind it an unpleasant surprise was awaiting us in the shape of a swiftly running stream that had overflowed its banks and turned the adjacent ground into a swamp. It was absolutely impossible to cross it. At last we gave up trying to find a way over, and determined to wait till day and observe the ground from a shelter, for we could not believe that the Pilgrims' Road broke off short at this point. To our utmost astonishment, we observed next morning that the procession of pilgrims continued on their way and crossed the water at precisely the spot at which we had spent hours of the night vainly trying to get over. Unfortunately we could not see how they managed it, as trees interrupted our sight of the actual place. But something else equally inexplicable occurred. We observed that later on in the morning the stream of pilgrims stopped. Next evening we tried again to cross at the same place and again found that it was impossible. At last it dawned on me that we had in front of us a brook, fed by melted snow and ice, which carried its highest head of water from noon till late into the night. Early in the morning the water level would be lowest.


訳:


抑留-30

ある夜我々は、そのような夏にしか人が住まないブーティアの村々の一つに到着した。石と板で葺かれた屋根があり、簡素な印象の村だ。しかし、村の背後には不愉快な驚きが待っていた。速い流れの川があったのだ。しかも水は土手から溢れ、周囲の土地は湿地に化していた。この川を渡るのは、絶対不可能だ。とこか渡れる道が無いか探すのもついに諦めた。そして、日中まで待ち、隠れ場所からそこを観察することにした。というのも、巡礼路がここでいきなり途切れるとは思えなかったからだ。翌朝、巡礼の行列がそのまま道を進み、我々が夜間に何時間も渡ろうと無駄なあがきをしたまさにその場所を渡ったのには、非常に驚いた。残念ながら木々が我々の視界をさえぎり、どうやって彼らが渡ったかは見ることが出来なかった。しかし、さらにまた不可解なことが起こった。午前も遅くなると、巡礼の流れが止まったのだ(巡礼たちが川を渡るのをやめた)。翌晩、我々は再度同じ場所を渡ろうとしたが、やはり無理だった。ついに私の頭に次の様なことが閃いた。我々の前に立ちはだかる小川は、雪解け水で膨れ上がっている。それで、正午から夜にかけては高い水位を取り、朝早くに最低の水位となるのだ、ということを。


英語トップ前の解答へ次の解答へ