〜解説〜

1月24日出題分
3人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-31

It turned out to be as I had guessed. When in the first gray of dawn we stood beside the stream, we saw a primitive bridge of half-submerged tree trunks. Balancing ourselves carefully we got across to the other side. Unfortunately there were other streams which we had to cross in the same laborious manner. I had just crossed the last of these when Marchese slipped and fell into the water - luckily on top of the trunks, or he would otherwise have been carried away by the torrent. Wet to the skin and completely exhausted, he could not be induced to go on. I urged him to move at least into cover, but he just spread out his wet things to dry and started to light a fire. Then for the first time I began to regret that I had not listened to his repeated requests to leave him behind and carry on alone. I had always insisted that since we had escaped together we should stay together.


訳:


抑留-31

思ったとおりだった。空が白み始めてから流れのそばに立つと、半分水に浸かった木の幹で作られた原始的な橋が見えた。注意深くバランスをとりながら、対岸に渡った。不運なことに、さらに他の川もこんな骨の折れる方法で渡らなくてはならなかった。丁度私が最後の川を渡った時、マルケーゼが滑り、水の中に落ちてしまった。運良く、落ちたのは幹の上だったが、もしそうではなかったら、彼は奔流に流されてしまっただろう。皮膚まで濡れ、すっかり消耗してしまい、もう彼はこちらがいくら促しても進めなかった。せめて隠れ場所にまで移動しようと彼をせきたてたが、彼は(その場で)ただ塗れたものを干すために広げ、火をつけ始めるばかりだった。私はここで初めて、彼を後に残し、私だけで逃避行を続けろ、という彼の言い分を聞いてあげなかったことを後悔し始めた。私は、いつも、もし一緒に逃げられないならば、一緒に留まろうと主張していたのだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ