〜解説〜

2月23日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-33

The two men of whom he spoke were flood-damage experts who had been called in from Kashmir. As soon as we stood before them we realized that the moment of our unmasking had come. As we had agreed to do in such a case, I began to speak to Marchese in French. Immediately the Indian broke in, speaking also in French, and told us to open our packs. When he saw my English-Tibetan grammar, he said we might just as well say who we were. We then admitted that we were escaped prisoners but did not give away our nationality.
Soon after, we were sitting in a comfortable room drinking tea, but all the same I felt bitterly disappointed. This was the eighteenth day of our flight, and all our privations and efforts had gone for nothing. The man who had questioned us was the chief of the Forestry Department in the state of Tehti-Garhwal. He had studied forestry in English, French, and German schools and knew all three languages well. It was on account of the flood, the worst catastrophe of the kind in the last hundred years, that he had come on an inspection to this region. He smilingly regretted his presence, adding that as ours had been reported to him, he was obliged to do his duty.


訳:


抑留-33

彼の話に出てきた二人の男は洪水災害の専門家で、援助のためカシミールからやってきたのだった。彼らの前に立った瞬間、我々のことがばれる瞬間が来た、ということを悟った。こんな場合にとる行動を我々は決めておいのだが、私はそれに従ってマルケーゼにフランス語で話しかけた。すぐに(例の)インド人は、なんとフランス語でこれをさえぎり、我々に荷物の袋を開ける様に言った。彼は、私の英語=チベット語文法書を見つけた際、我々の正体を白状した方がいい、と言った。しかたなく、我々は脱走者であるということは告白した。でも、国籍は明かさなかった。
その後すぐ、我々は気持ちの良い部屋に通され、お茶を供されたが、やはり私は苦い失望感に襲われていた。逃亡開始18日目、我々の困苦と努力はすべて無に帰してしまった・・・。我々に質問した例の男は、テーティガワール州の営林署長だった。彼はイギリス、フランス、ドイツの学校で林業を学んだため、この3ヶ国語を熟知していた。彼は、この地方が、ここ百年で最悪の洪水災害に見舞われたため、視察に来ていた、という訳だ。「私が居て残念でしたね。」彼は笑いながらいった。そして、我々の脱走の報告を受けたからには、義務を全うしなければならない、ということも付け加えた。


英語トップ前の解答へ次の解答へ