〜解説〜

3月9日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-34

Today when I think of the chain of circumstances that led to our capture, I cannot help feeling that we were victims of something worse than ordinary ill luck, and that we could not have averted our fate. All the same, I did not for a minute doubt that I would escape again. Marchese, however, was in a condition of such complete exhaustion that he had given up all idea of another attempt. In a very comradely manner, he made over to me the greater part of his money, knowing how short I was. I made good use of an enforced leisure to eat hearty meals, as we had eaten hardly anything for the last few days. The forest officer's cook kept us continuously supplied with food, half of which I tucked away in my knapsack. Early in the evening, we said we were tired and wanted to sleep. Our bedroom door was locked on the outside, and the forest officer had his bed put on the veranda in front of our window to prevent any attempt at escape that way. However, he was away for a short while, and Marchese and I took the opportunity to start a mock quarrel. Marchese took both parts, so to speak, shouting abuse in a high and then a low key, while I swung myself through the window, rucksack and all, onto the forest officer's bed, and ran to the end of the veranda. Darkness had fallen, and after waiting a few seconds till the sentries had vanished around the corner of the house, I dropped down twelve feet to the ground below. The soil into which I fell was not hard, and I made little noise; in a moment I was up and over the garden wall and had vanished into the pitch-black forest.
I was free!


訳:


抑留-34

今、我々が捕まるに至った一連の状況を考えてみると、我々は凶運の取り憑かれ、逃れ得なかった運命だった、という感を拭えない。それでもやはり、私は一瞬たりとも逃亡の意志を失わなかった。しかしながら、マルケーゼは疲労困憊の極みにあり、さらなる逃亡は諦め切っていた。彼は、私がいかに金に不足しているか知っていたので、同志のよしみで金をほとんど譲ってくれた。他に出来ることもなかったので、とにかく暇な時間を栄養のある食事に費やした。何せ、ここ数日ほとんど何も食べていなかったからだ。営林署のコックは、どんどん食事を出してくれたので、私は半分をナップサックにこっそりしまい込んだ。夜も早いうちに、我々は疲れたから早く眠りたい由を伝えた。我々の寝室のドアは外から鍵をかけられた。さらに、窓からの逃亡を防ぐ目的で、営林署の役人のベッドを窓の真正面に持ってきた。しかし、役人はちょっと席をはずしたので、その機会を利用して、マルケーゼと私はけんかを始めたふりをした。ののしる言葉を高い声で、次は低い声で叫ぶ・・・マルケーゼはまるで二人の人間がけんかをしている様に、二つの声音を使った。その間、私はリュックその他もろもろをすべて携え、窓からぶら下がり役人のベッドの上に降り、そして、ベランダの端まで走った。外はすでに暗くなっていた。私は、見張り兵が家の角を曲がって姿が見えなくなるまでちょっと待ち、12フィートほど下の地面に降りた。地面は固くなく、ほとんど音を立てずに済んだ。そして、ただしに庭の塀を登って越え、漆黒の闇に包まれた森に姿を消した。
私は自由になった!


英語トップ前の解答へ次の解答へ