〜解説〜

3月24日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-35

Everything was quiet. In spite of my excitement, I could not help laughing at the thought that Marchese was still abusing me according to plan, while the forest officer was keeping watch on us from his bed in front of our window.

However, I had to go on and ran, in my haste, into a flock of sheep. Before I could get back, a sheepdog fastened on to the seat of my trousers and did not let go till he bitten a piece out. In my terror I dashed away but found that the road I had chosen was too steep for me, and so I had to go back and creep around the sheep till I found another way. Soon after midnight I had to admit that I had again gone wrong. So once more I had to go back a few miles in breathless haste. My aimless wanderings had lost me four hours, and the day was already dawning. Turning a corner I caught sight of a bear about twenty yards away. Luckily he shuffled off without seeming to take any notice of me.

When it was fully light, I hid myself again, although the country showed no trace of human habitation. I knew that before reaching the Tibetan frontier I should come to a village at the other side of which lay freedom. I marched through the whole of the next night and gradually began to wonder why I had not reached the fateful village. According to my notes, it lay on the far bank of the river and was connected with the near side by a bridge. I wondered if I had not already passed it but consoled myself with the reflection that one could hardly miss a village. So I marched on carefree, even after daylight had come.


I had to go on and ran, in my haste, into a flock of sheep.
この部分は、「慌てていたため、羊の群れの中に突っ込み走り続けなければならなかった」というのが直訳ですが、意訳をしてみました。

訳:


抑留-35

全てが静まり返っていた。私は興奮していたにも関わらず、いまだにマルケーゼが計画通りに私を口汚くののしり、営林署長がベッドから我々の部屋の窓を見張り続けていることを思うと、笑いを抑えることが出来なかった。
しかしながら慌ててしまい、羊の群れに突っ込んでしまった。群れから脱する間もなく、牧羊犬がズボンのお尻の部分に噛み付いてきた。やっとのことで逃れたが、ズボンは噛みちぎられてしまった。すっかり怖くなって、突進してそこから離れたが、選んだ道はどうも私には急すぎた。仕方なく道を戻り、羊達をこっそり迂回し、別の道を進んだ。だが、真夜中過ぎに、再び道を間違ってしまっていることに気づいた。そこで、もう一度、慌てに慌てて数マイル引き換えした。このように、私はあても無く4時間彷徨ってしまった。もう夜が明けようとしている。とある角を曲がったら、20ヤードほど先に熊の姿を認めたが、ラッキーなことに、私に気づいた様子も無く、そいつは立ち去った。
すっかり夜が明けた。この辺には人が住んでいる痕跡がなかったが、私は再び身を隠した。チベット国境の手前に村があるはずなのだが、そこを越えれば私は自由になる。翌晩はずっと前進し続けたが、どうして運命の村に到着しないのか疑問に思い始めていた。私のメモによると、その村は川の向こう岸にあり、川のこちら側とは橋で繋がっているはずだった。もしかして、村を通り過ぎてしまったのではないだろうか、という疑問が沸いたが、村を見逃すなんてことはまずありえないと自分に言い聞かせ、気を取り直した。そして、私は何の心配もせず、日が昇ったにも関わらず前進を続けた。


英語トップ前の解答へ次の解答へ