〜解説〜

4月8日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-36

That was my undoing. As I came around a heap of boulders, I found myself right under the houses of a village, in front of which stood a swarm of gesticulating people. The place was wrongly indicated on my map, and as I had twice lost my way during the night, my pursuers had had time to come up with me. I was at once surrounded and summoned to surrender, after which I was led into a house and offered refreshment.

Here I met for the first time with the real Tibetan nomads, who wander into India with their flocks of sheep and loads of salt and return laden with barley. I was offered Tibetan butter tea with tsampa, the staple food of these people on which later I lived for years. My first contact with it affected my stomach most disagreeably.

I spent a couple of nights in this village, which was called Nelang, playing vaguely with the idea of another attempt to escape, but I was physically too tired and mentally too despondent to translate my thoughts into action.

The return journey, in comparison with my previous exertions, seemed a pleasure trip. I did not have to carry a pack and was very well looked after. On the way I met Marchese, who was staying as a guest with the forest officer in his private bungalow. I was invited to join them. And what was my astonishment when a few days later, two other escaped members of our company in the POW camp were brought in - Peter Aufschnaiter, my comrade on the Nanga Parbat Expedition, and a certain Father Calengberg.


訳:


抑留-36

それが破滅のもとだった。大きな石がごろごろとある土地を迂回すると、私は村の家々が立ち並ぶ真っ只中に出てしまったが、そこでは大勢の人々が大騒ぎしていた。私の地図では、この村の位置が間違って記載されていたのだ。さらに、私が二度も道に迷った為に、追っ手が私に追いついてしまったのだ。私はすぐに取り囲まれ、降伏勧告を受けた。その後、村の家に通され、軽食を供された。

ここで、私は初めて本当のチベットの遊牧民に出会った。彼らは羊の群れと塩の荷を抱えてインドを歩き回り、帰りに大麦を荷として抱えチベットに戻るのだ。私はチベットのバター茶とチャンパを提供された。これはチベットの主食であり、その後何年にもわたり、私もこれで生き長らえることになったのだが、初めて食べた時には、胃腸が受け付けてくれなかった。

私はネラングと呼ばれるこの村に数晩滞在した。漠然と、さらなる逃亡計画を考えてはいたが、肉体的にはあまりにも疲れ、精神的にもかなり落ち込んでいて、実行に移すには至らなかった。

帰りは、これまでしてきた苦労ばかりの行程に比べると、楽しい旅行の様だった。荷物を背負わなくていいし、とても良く世話してくれた。途中、私はマルケーゼと会ったが、彼は例の営林署長のバンガローにお客として署長と共に滞在していたのだ。私もそこに招かれ、彼らと合流した。驚いたことに、二日後、捕虜収容所で仲間だった別の二人が、ここに連行されてきた。ナンガ=パルバット遠征隊で一緒だったペーター=アウフシュナイダーと、神父のカーレンベルグという人だ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ