〜解説〜

4月23日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Internment-37

Meanwhile I had begun to occupy my mind with plans for escaping once more. I made friends with an Indian guard who cooked for us and seemed to inspire confidence. I handed him my maps, my compass, and my money, as I knew that we should be searched before being readmitted to the camp, and that it would be impossible to smuggle these things in with us. So I told the Indian that I would come again in the following spring and collect my possessions from him. He was to ask for leave in May and wait for me. This he solemnly promised to do. So now we had to go back to the camp, and it was only my resolve to get free once more that enabled me to endure the bitterness of my disappointment.

Marchese was still sick and could not walk, so they gave him a horse to ride. We had another agreeable interruption, being entertained on our way by the Maharajah of Tehri-Garhwal, who treated us most hospitably. Then we returned to our barbed-wire entanglements.

The episode of my flight had left a visible mark on my person, which appeared when on the way back I bathed in a warm spring. There I found my hair coming out in handfuls. It appears that the dye I had used for my Indian disguise was deleterious.

As a result of my involuntary depilation and all the fatigues I had gone through, my comrades in the camp found it hard to recognize me when I arrived.


訳:


抑留-37

その間にも、私はさらなる逃亡計画で頭がいっぱいになっていた。私は、インド人の見張りと友達になった。彼は、我々に食事を作ってくれていた人だが、かなり信頼出来そうな感じだった。私は、彼に地図とコンパスとお金を手渡した。というのも、我々が捕虜収容所に再び入所する際身体検査されるので、こんなものをこっそり持ち込むことなど不可能であることは明白だったからだ。ということで、私はそのインド人に来年の春に再びここに来て、荷物を回収することを伝えた。彼は、五月に休暇を願い出て私を待つことにしてくれた。彼は、この約束を果たすことを神に誓った。ということで、我々は収容所に戻らなければならなくなった。私は、失望のつらさを、さらなる逃亡を決心することで耐えた。

マルケーゼはまだまだ体調がすぐれず、馬が与えられた。我々の旅は、もう一度中断されたが、それは愉快なものであった。テリ=ガーワールの王様が我々を手厚くもてなしてくれたのだ。その後、我々は有刺鉄線の鉄条網(への旅)へと戻った。

この逃亡により、私の外見は目に見えて変わったようだ。(例えば)それは、(収容所への帰還途中に)温泉で入浴したときに表れた。髪の毛が、一掴みごそっと抜けたのだ。とうやら、インド人に変装するのに使った毛染め剤が有害だったようだ。

この不本意な脱毛と、これまで味わってきた疲労・消耗ですっかり様変わりし、収容所の仲間達は、到着時、私が誰かわからなかったようだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ