〜解説〜

5月8日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
ご投稿いただきましたみなさまの解答を元に、翻訳に苦しまれたと思われます箇所を中心として解説を致しました。ただ、これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-1

"You made a daring escape. I am sorry I have to give you twenty-eight days," said the English colonel on our return to the camp. I had enjoyed thirty-eight days of freedom and now had to pass twenty-eight in solitary confinement. It was the regular penalty for breaking out. However, as the English took a sporting view of our bold attempt, I was treated with less than the usual rigor.

When I had finished my spell of punishment, I heard that Marchese had endured the same fate in another part of the camp. Later on we found opportunities to talk over our experiences. Marchese promised to help me in my next attempt to get loose but would not think of joining me. Without losing any time, I at once began to make new maps and to draw conclusions from the experience of my previous flight. I felt convinced that my next attempt would succeed and was determined to go alone this time.

Busy with my preparations, I found the winter passing swiftly, and by the time the next "escape season" came around I was well equipped. This time I wanted to start earlier, so as to get through the village of Nelang while it was still uninhabited. I had not counted on getting back the kit I had left with the Indian, so I supplied myself afresh with the things I most needed. A touching proof of comradeship was the generosity of my companions, who, hard up as many of them were, spent their money freely in contributing to my outfit.


訳:


脱走-1

「君は大胆不敵な脱走をしたものだ。申し訳無いが、28日間の禁固刑を科さなければならないよ。」と、収容所に戻った際、イギリス軍の大佐に言われた。私は38日間の自由を謳歌し、今度は28日間の独房生活を送らなければならなくなった。これは、通常の脱走に対する罰だった。しかしながら、イギリス人は我々の大胆な試みにスポーツマン的敬意を表してくれたらしく、私は通常より厳しくなく扱われたようだ。

私が罰の束縛を終えた後、マルケーゼも収容所の別の区画で同じ運命に耐えていたことを知った。後ほど、彼と我々の経験のことについて話し合う機会が持てた。マルケーゼは、私の次の逃亡計画には力を貸すことは約束してくれた。でも、私と共に逃げる考えは無いとのことだった。時間を一刻も無駄にすることなく、私は新しい地図作成とこの前の逃亡の経験を活かすことを始めた。今回の試みの成功は確信していた。また、今回は一人でやろうと決心した。

いそがしく用意している間に、冬は足早に通り過ぎ、次の「逃亡」の季節が到来した頃には、用意は万端に整っていた。今回は早く出発したかった。そうすれば、人が住み始めないうちにネラング村を通り過ぎることが出来るからだ。例のインド人の元に残してきた道具類の回収は諦めていたので、新たに自分自身で最低限必要なものを用意した。(収容所の)仲間達はみんな貧乏なのに、なけなしの金を気前良く寄付してくれた。この仲間意識には本当に感動した。


英語トップ前の解答へ次の解答へ