〜解説〜

5月23日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-2

I was not the only POW who wanted to get away. My two best friends, Rolf Magener and Heins von Have, also were engaged in preparing to escape. Both spoke fluent English, and they aimed to work their way through India to the Burma front. Von Have already had escaped two years before with a companion and almost had reached Burma, but was caught just before the frontier. During a second attempt, his friend had a fatal accident. Three or four other internees, it was said, planned to escape. Finally the whole seven of us got together and decided to make a simultaneous breakout on the grounds that successive individual attempts increased the vigilance of the guards, and made it more and more difficult to get away as time went on. If the mass escape succeeded, each of us, once out of the camp, could follow his own route. Peter Aufshnaiter, who this time had as his partner Bruno Treipel, from Salzburg, and two fellows from Berlin, Hans Kopp and Sattler, wished, like me, to escape to Tibet.

Our Zero hour was fixed as 2 P.M. on April 29, 1944. Our plan was to disguise ourselves as a barbed-wire repairing section. Such working parties were a normal sight. The reason for them was that white ants were always busy eating away the numerous posts that supported the wire, and these had to be continually renewed. Working parties consisted of Indians with an English overseer.


訳:


脱走-2

逃げたいと思っている戦争捕虜は、私だけではなかった。
私の親友のロルフ=マーゲナーとハインツ=フォン=ハーフェ、彼らも逃亡の用意をしていた。二人とも流暢な英語を話したし、彼らはインドを抜けビルマ前線へ行こうと計画していた。フォン=ハーフェはすでに2年前に、仲間と二人で逃亡を試みたのだ。もう少しでビルマに入れるところだったのに、国境の手前で捕まってしまった。二度目の逃亡の際には、彼の友人は事故で死んでしまった。
もう3、4人の捕虜が、脱走の計画をしているらしかった。
最終的に7人集まった。それで、同時に脱走することに決めた。理由はこういうことだ。個人個人がそれぞれ続けざまに脱走を謀ると、見張りの警戒が厳しくなり、後になるほど逃亡が難しくなってしまうからだ。捕虜収容所からの集団脱走に成功したら、その後各自それぞれ別の道を取ることが出来る。ペーター=アウフシュナイターは、今回、ザルツブルク出身のブルーノ=トライペル、ベルリン出身のハンス=コップ、ザットラーを仲間にしていたが、私と同じくチベットを目指していた。

脱走開始時刻は、1944年4月29日午後2時と決定した。我々は、鉄条網修理小隊に変装することにした。こういった作業班はよく見かけたのだ。それというのも、シロアリが盛んに、鉄条網を支えている無数の杭を食い荒らすので、どんどん杭を変えていかないとだめだったのだ。作業班の構成はインド人達にイギリス人の監督官が一人だった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ