〜解説〜

6月9日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-3

At the appointed time, we met in a little hut in the neighborhood of one of the least closely watched wire corridors. Here makeup experts from the camp transformed us in a trice into Indians. Von Have and Magener got English officers' uniforms. We "Indians" had our heads shaved and put on turbans. Serious as the situation was, we could not help laughing when we looked at one another. We looked like masqueraders bound for a carnival. Two of us carried a ladder, which had been convoyed the night before to an unguarded spot in the wire fencing. We had also wangled a long roll of barbed wire and hung it on a post. Our belongings were stowed away under our white robes and in bundles, which did not look odd as Indians always carry things around with them. Our two "British officers" behaved very realistically. They carried rolls of blueprints under their arms and swung their swagger canes. We had already made a breach in the fence through which we now slipped one after another into the unguarded passage that separated the different sections of the camp. From here it was about three hundred yards to the main gate. We attracted no attention and stopped only once, when the sergeant major rode by the main gate on his bicycle. Our "officers" chose that moment to inspect the wire closely. After that we passed out through the gate without causing the guards to bat an eyelid. It was comforting to see them saluting smartly, and obviously suspicious of nobody. Our seventh man, Sattler, who had left his hut rather late, arrived after us. His face was black and he was swinging a tar pot energetically. The sentries let him through, and he caught up with us only outside the gate.


訳:


脱走-3

指定された時間に、我々は、監視が最も手薄な鉄条網間通路のそばの小屋に集まった。収容所のメイキャップ専門家の手で、我々は瞬く間にインド人に変身した。フォン=ハーフェとマーゲナーは、イギリス人将校の制服を身に着けた。我々「インド人」は、頭を剃りターバンを巻きつけた。深刻な状況であるにも関わらず、お互いの姿を見たときには思わず笑ってしまった。まるで、謝肉祭に向かう仮装舞踏会参加者の一団みたいだった。二人が梯子を運んだのだが、これは、前の晩、鉄条網壁の見張りのいない場所に運んでおいたものだった。さらに、長い鉄条網のロール(巻いたもの)を、うまいこと手に入れ、柱につるしておいた。所持品は、白い上着の下に包みの状態でしまい込んだ。これは、別におかしいことではなった。というのも、インド人たちは、いつも物を携えていたからだ。二人の「イギリス人将校」は、本物そっくりにふるまった。設計図を巻いたものを腕にはさみ、短いステッキを振り回していた。我々は事前に作っておいた突破口を次々にくぐり抜け、収容所の違う区画との境目となっている、見張られていない通路に出た。そこからだと、メインゲートまで約300ヤード(約273m)だ。我々は注意を引かなかった。止まったのも、ただ一度だけ、特務曹長が自転車でメインゲートを通り過ぎた時だけた。この時、我々の「将校」は、鉄条網に近寄って調べる振りをした。その後は、見張りの妙な注意を引くこと無しに、ゲートを通り抜けた。見張りが直立不動の状態で敬礼し、誰をも疑わない様子を見るのは、なかなか気持ちよかった。7番目の男ザトラーは、小屋を我々よりちょっと後に出発し、遅れて到着したが、顔は真っ黒で、その上、タールの壺をエネルギッシュにぐるぐる回していた。見張り兵はそんな彼をも通してくれ、やっとゲートの外で合流した。


英語トップ前の解答へ次の解答へ