〜解説〜

6月24日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-4

As soon as we were out of the guards, we vanished into the bush and got rid of our disguises. Under our Indian robes we wore khaki, our normal dress when on outings. In few words we bade each other good-bye. Von Have, Magener, and I ran for a few miles together, and then our ways parted. I chose the same route as last time and traveled as fast as I could in order to put as long a distance as possible between me and the camp by the next morning. This time I was determined not to depart from my resolve to travel only by night and lie up by day. No! this time I was not going to take any risks. My four comrades, for whom Tibet was also the objective, moved in a party and had the nerve to use the main road, which led via Mussoorie into the valley of the Ganges. I found this too risky and followed my former route through the Jumna and Aglar valleys. During the first night I must have waded through the Aglar forty times. All the same, when morning came I lay up in exactly the same place that it had taken me four days to reach in the previous year. Happy to be free, I felt satisfied with my performance, though I was covered with scratches and bruises, and owing to my heavy load, had walked through the soles of a pair of new tennis shoes in a single night.


訳:


脱走-4

見張られている範囲を抜け出すと、我々は森に隠れ、変装を解いた。インドのローブの下には、いつも遠出の時に着るカーキ色の服を身に着けていたのだ。言葉少なに、お互い別れの挨拶をした。フォン=ハーフェ、マーゲナーと私は、それからさらに数マイル一緒に逃げ、そこで別れた。私は前回と同じルートを選択し、とにかく急いだ。明日の朝までに、キャンプからの距離を出来るだけ稼いでおきたかったからだ。今回は、夜の間だけ旅し、日が出ている間は隠れる、という決心を貫き通そうと決意していた。そう、危険は冒すつもりはなかった。私と同じ様にチベットに行こうとしていた4人の仲間は、集団を組み、大胆にも、ムッスーリを介しガンジス川の谷に入るメインの街道を使っていた。私には、それはあまりにも危険に感じたので、前回と同じようにジャムナとアグラーの峡谷を抜けるルートを進むことにした。最初の夜は、アグラー川を何度も渡らなければならなかった。それにもかかわらず、前年には到達するのに四日かかった場所に、一晩で辿りつくことが出来、全く同じ所に身を隠した。引っかき傷とあざだらけになり、しかも重い荷物のために一晩で新しいテニスシューズをはき潰してしまったが、自由になったことを喜び、一晩でこれだけ進めたことにも満足感を覚えた


英語トップ前の解答へ次の解答へ