〜解説〜

7月9日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-5

I chose my first day camp between two boulders in the riverbed, but I had hardly unpacked my things when a company of apes appeared. They caught sight of me and began to pelt me with clods. Distracted by their noise, I failed to observe a body of thirty Indians who came running up the riverbed. I noticed them only when they had approached dangerously near to my hiding place. I still do not know if they were fishermen or persons in search of us fugitives. In any case, I could hardly believe that they had not spotted me, for they were within a few yards of me as they ran by. I breathed again, but took this for a warning and remained in my shelter till evening, not moving till darkness had fallen. I followed the Aglar the whole night long and made good progress. My next camp provided no excitements, and I was able to refresh myself with a good sleep. Toward evening I grew impatient and broke camp rather too early. I had been walking for only a few hundred yards when I ran into an Indian woman at a water hole. She screamed with fright, let her water jar fall, and ran toward the nearby houses. I was no less frightened than she and dashed from the track into a gully. Here I had to climb steeply, and though I knew I was going in the right direction, my diversion represented a painful detour that put me back by several hours. I had to climb Nag Tibba, a mountain over 10,000 feet high, which in its upper regions is completely deserted and thickly covered with forest.


訳:


脱走-5

最初の晩のキャンプ地として、川床の二つの大きな石の間を選んだ、しかし、荷物を解くか解かないかのうちに、サルの一団が現れた。彼らは私を見つけ、土くれを投げつけ始めた。サル達の騒音にすっかり気を取られて、30人くらいのインド人が川床に走り寄ってきたことに気づかなかった。彼らが私の隠れている場所に危険なほど近づいた時点で、やっと気がついた。彼らが漁師か我々逃亡者を探していた人間かは、わからない。信じ難いことだが、彼らは私のほんの数ヤード以内のところを通り過ぎたにも関わらず、私の存在に気づかなかった。ほっとした。でも、今回のことで身を引き締め、夜になるまで隠れ場所にじっとしてい、暗くなってしまってから移動を始めた。夜中、アグラー川に沿って進み、かなり距離を稼いだ。次のキャンプ地では、取り立てて大事は起こらず、私はぐっすり眠り、すっきりすることが出来た。その日は、夜が近づくと我慢出来なくなり、予定より早くキャンプをたたんでしまった。そして、ほんの数百ヤード進んだ時点で、井戸に水を汲みに来た女性にばったり遭遇してしまった。彼女はびっくりして叫び、水壺を落としてしまった。そして、近所の家並みの方に走っていった。私も彼女に負けず劣らず驚き、本来のルートから離れ峡谷の方に突進した。ここで、急勾配の登りをしなければならなくなった。方向が間違っていないことはわかったものの、脇に逸れてしまったことで、数時間を費やす痛い回り道を強いられてしまった。私は、10,000フィートを超える、ナグテシッバ山を登るはめになった。そこの上の方は、全く人の住まない地域で、厚く森に覆われていた。


英語トップ前の解答へ次の解答へ