〜解説〜

7月24日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-6

As I was loping along in the gray of the dawn, I found myself facing my first leopard. My heart nearly stopped beating, as I was completely defenseless. My only weapon was a long knife, which the camp blacksmith had made expressly for me. I carried it sheathed in a stick. The leopard sat on a thick branch fifteen feet or more above the ground, ready to spring. I thought like lightning what was the best thing to do; then, masking my fear, I walked steadily on my way. Nothing happened, but for a long time I had a peculiar feeling in my back.

Up to now I had been following the ridge of Nag Tibba, and now at last I tumbled onto the road again. I had not gone far when I got another surprise. In the middle of the track lay some men - snoring! They were Peter Aufschnaiter and his three companions. I shook them awake, and we all betook ourselves to a sheltered spot, where we recounted what had befallen us on the trek. We were all in excellent shape and were convinced that we should get through to Tibet. After passing the day in the company of my friends, I found it hard to go on alone in the evening, but I remained true to my resolve. The same night I reached the Ganges. I had been five days on the run.

At Uttar Kashi, the temple town that I have mentioned in connection with my first escape, I had to run for my life. I had just passed a house when two men came out and started running after me. I fled headlong through fields and scrub down to the Ganges and there hid myself between two great blocks of boulders. All was quiet, and it was clear that I had escaped from my pursuers, but only after a longish time did I dare to come out into the bright moonlight. It was a pleasure for me at this stage to travel along a familiar route, and my happiness at such speedy progress made me forget the heavy load I was carrying. It is true that my feet were very sore, but they seemed to recover during my daytime rest. I often slept for ten hours at a stretch.

訳:


脱走-6

明け方の薄闇の中を進んでいると、なんと初めてヒョウと出くわしてしまった。私の心臓はほとんど止まりそうになった。というのも、完全に無防備な状態だったからである。私の武器は、捕虜収容所の鍛冶屋が特別に作ってくれた長めのナイフだけだ。これは、棒切れで覆って運んでいた。ヒョウは、地面から15フィートかそこらの高さの太い枝にいて、今にもとびかかろうと身構えていた。私は、電光石火のごとく、何をするのが一番いいか考えをめぐらせた。そして、恐れを隠し、一歩一歩しっかりと道を進んだ。何事も起こらなかった。しかし、しばらくの間、背中に嫌な感覚が残っていた。

私はこれまで、ナグティッバ山の尾根伝いに進んでいたが、やっと再び道に行き当たった。そして、大して進みもしないうちに、またもや驚くべきことに遭遇した。数人の男が、小道の真ん中でいびきをかいて寝ているではないか!彼らは、ペーター=アウフシュナイターと3人の仲間達だった。私は、彼らを揺り動かして起こし、隠れられる場所に移動した。そこで、これまでの行程で降りかかった出来事を詳しく語り合った。皆体調は万全に見え、チベットに到着するに違いないと確信した。日中、友人達と一緒に過ごした後の、夜間の単独行はつらいものがあったが、私は当初の決心を貫いた。その夜、ガンジス川にたどり着いた。五日の行程だった。

一回目の逃亡行でも述べた寺院の街ウッタル=カシで、私は命がけで走るはめになった。とある家を通りすぎたところ、丁度二人の男がそこから出てきて、私を追い始めた。私は慌てふためいて野原や藪を通り抜けて逃げ、ガンジス川へ下った。そこで、二つの大きな石の間に身を潜めた。辺りは静かで、明らかに、追跡者から逃れることが出来たようだが、思い切って明るい月の光の下に出るのにはかなり時間を要した。この段階では、知り尽くした道沿いの旅であり愉快だったし、どんどん進めるのが嬉しくて、荷物の重さが苦にならなかった。実際、私の足はちょっと触れてもぴりぴりするほど傷んでいたが、昼間休んでいる間に良くなるようだった。しばしば、体を伸ばして10時間も寝ていたのだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ