〜解説〜

8月9日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-7

At length I came to the farmhouse of my Indian friend to whom I had in the previous year entrusted my money and effects. It was now May, and we had agreed that he was to expect me at midnight any day during the month. I purposely did not walk straight into the house, and before doing anything else I hid my rucksack, as betrayal was not beyond the bounds of possibility.

The moon shone full upon the farmhouse, so I hid myself in the darkness of the stable and twice softly called my friend's name. The door was flung open, and out rushed my friend, who threw himself on the ground and kissed my feet. Tears of joy flowed down his cheeks. He led me to a room lying apart from the house, in the door of which an enormous key was hanging. Here he lit a pinewood torch and opened a wooden chest. Inside were all my things, carefully sewn up in cotton bags. Deeply touched by his loyalty, I unpacked everything and gave him a reward. You can imagine that I enjoyed the food that he then set before me. I asked him to get me provisions and a woolen blanket before the following night. He promised to do this and in addition made me a present of a pair of handwoven woolen drawers and a shawl.

The next day I slept in a neighboring wood and came in the evening to fetch my things. My friend gave me a hearty meal and accompanied me for a part of my way. He insisted on carrying some of my baggage, undernourished as he was and hardly able to keep pace with me. I soon sent him back and after the friendliest parting found myself alone again.


訳:


脱走-7

とうとう、インド人の友人の農家にたどり着いた。前の年、私がお金や身の回りの物を預けた彼だ。今や5月であるが、この5月の間、彼は毎晩私を待つと約束していたのだ。私はわざと直接家には向かわず、まず最初にリュックサックを隠した。というのも、裏切られる可能性も無きにしも非ずだったからだ。

月が煌々と農家を照らしていたので、私は家畜小屋の暗がりに身を隠し、小声で友人の名前を2度呼んだ。すると、扉が勢い良く開き、友人が飛び出してきた。彼は地面に身を投じ、私の足にキスをした。喜びの涙が彼の頬をつたった。彼は母屋から離れた部屋に私を案内してくれた。その部屋のドアの内側には、おびただしい数の鍵がぶら下がっていた。彼は松材のトーチに火を灯し、木製の長持を開けた。中には、私の持ち物がすべて入っていた。しかも、綿の袋に丁寧に縫い込まれていた。彼の誠実さに深く感動しながら、すべての持ち物を解き、彼に報酬を与えた。そして、彼が用意してくれた食事を楽しんだ。私は彼に、翌日の晩までに食料とウールの毛布を入手してくれるように頼んだ。彼はそれを約束してくれたばかりか、私に手織りのウールのズボン下と肩掛けをプレゼントしてくれた。

翌日、私は近くの林の中で眠り、夜に私の持ち物を引き取りに彼の家に行った。友人は私に心のこもった食事を出してくれた上に、しばらく一緒に歩いて見送ってくれた。彼は私の荷物を持つと言い張ったが、彼はかなりな栄養失調だったために私の歩調に合わせるのが非常に困難な状態だった。それですぐ彼を家に帰すことにした。非常に友情のこもった別れの挨拶を交わした後、私はまた一人になった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ