〜解説〜

8月24日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-8

It may have been a little after midnight when I ran into a bear standing on his hind legs in the middle of my path, growling at me. At this point the sound of the swiftly running waters of the Ganges was so loud that we had neither of us heard the other's approach. Pointing my primitive spear at his heart, I backed up step by step so as to keep my eyes fixed on him. Around the first bend of the track, I hurriedly lit a fire, and pulling out a burning stick, I brandished it in front of me and moved forward to meet my enemy. But coming around the corner, I found the road clear and the bear gone. Tibetan peasants later told me that bears are aggressive only by day. At night they are afraid to attack.

I had already been on the march for ten days when I reached the village of Nelang, where last year destiny had wrecked my hopes. This time I was a month earlier, and the village was still uninhibited. But what was my delight to find there my four comrades from the camp! They had overtaken me when I was staying with my Indian friend. We took up our quarters in an open house and slept the whole night through. Sattler unfortunately had an attack of the mountain sickness; he felt wretched and declared himself unequal to further efforts. He decided to return but promised not to surrender till two days were up, so as not to endanger our escape. Kopp, who in the previous year had penetrated into Tibet by this route in company with the wrestler Kramer, joined me as a partner.


訳:


脱走-8

おそらく夜中ちょっと過ぎだと思うが、なんと熊にばったり遭遇してしまった。そいつは、道の真ん中に後足で立ち、こちらに向かってうなり声を上げた。この地点では、ガンジス川の急流の音があまりに大きく、私も熊もお互い接近する音が聞こえなかったのだ。原始的な槍を熊の心臓に向けながら、ヤツから目をそらさない様にして一歩一歩後ずさりした。そして、最初の角を曲がると急いで火を焚きつけ、燃える枝を一本取り出して、私の正面でそれを振りまわり、敵に近づいて行った。ところが、角を曲がってみると、道路はからっぽ、熊はどこかに行ってしまっていた。後でチベットの農民に聞いたところ、熊が攻撃的なのは昼間だけで、夜は逆にびくびくしているとのことだった。

行程10日目ですでに私はネラング村に到着した。ネラング村といえば、昨年、私の命運が尽きたところだ。今回は前回より一ヶ月早く到着したので、村はまだ無人の状態だった。ところが嬉しいことに、ここでキャンプの4人の仲間を発見したのだ!彼らは、私がインド人の友人と過ごしている間に、追い越したのだ。我々は空き家の一つを宿として、一晩たっぷり寝た。ザトラーは不運にも高山病にやられてしまった。彼は気分がすぐれず、これ以上の強行軍に耐えられないと感じていた。彼は(キャンプに)戻ることを決心したが、我々を危険にさらさないために二日経つのを待って自首すると約束してくれた。前年、レスラーのクラマーと智にチベットに突入したコップが、私と共に行動することになった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ