〜解説〜

9月9日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-9

It took us seven long days of marching, however, before we finally reached the pass that forms the frontier between India and Tibet. Our delay was due to a bad miscalculation. After leaving Tirpani, a well-known caravan center, we followed the most easterly of three valleys but eventually had to admit that we had lost our way. In order to find our bearings, Aufschnaiter and I climbed to the top of a mountain from which we expect a good view of the country on the other side. From here we saw Tibet for the first time, but were far too tired to enjoy the prospect, and at an altitude of nearly 18,000 feet, we suffered from lack of oxygen. To our great disappointment, we decided that we must return to Tirpani. There we found that the pass we were bound for lay almost within a stone’s throw. Our error had cost us three days and caused us the greatest discouragement. We had to cut our rations and felt the utmost anxiety about our capacity to hold out until we reached the next inhabited place.

From Tirpani our way sloped gently upward by green pastures, through which one of the baby Ganges streams flowed. This brook, which we had known a week back as a raging, deafening torrent racing down the valley, now wound gently through the grasslands. In a few weeks the whole country would be green, and the numerous camping places, recognizable from their fire-blackened stones, made us picture to ourselves the caravans that cross the passes from India into Tibet in the summer season. A troop of the mountain sheep passed in front of us. Light-footed as chamois, they soon vanished from our sight without having noticed us. Alas! Our stomachs regretted them. It would have been granted to see one of them stewing in our cooking pot, thereby giving us a chance, for once, to eat our fill.

At the foot of the pass, we camped in India for the last time. Instead of the hearty meat dinner we had been dreaming of, we baked skimpy cakes with the last of our flour mixed with water and laid on hot stones. It was bitterly cold, and our only protection against the icy mountain wind that stormed through the valley was a stone wall.


訳:


脱走-9

しかしながら、インドとチベットの国境となる峠に辿り着くのに7日間も要してしまった。この遅れは、とんでもない誤算によるものだった。よく知られたキャラバンの中心地であるティルパニを出発し、我々は3つのうち一番東の谷に進んだ。ところが結局は道に迷ってしまったのだ。我々が今いる位置を知るために、アウフシュナイターと私は山に登った。そこからならこの地方の景色がよく見えそうだった。その山の頂上から、我々は初めてチベットを見ることが出来た。しかし、その眺望を楽しむにはあまりにも疲れすぎていた。何せここの標高は約18000フィート(6000mくらい)で、我々は酸素不足に苛まれていたのだ。我々の目指していた峠がすぐそばに見えていたのだが、残念ながら、我々はティルパニに戻らなくてはいけない様だ。このミスで3日ロスしてしまい、非常に落胆した。一日当たりの食料も減らさなければならなかった、というのも、次の人が住んでいる地域に辿り着くまで持ちこたえるかどうか非常に怪しくなってきたからだ。

今度は、ティルパニからは緑の牧草地を通って緩やかに登るルートを取った。そこには、ガンジス川源流の支流が流れていた。一週間前、この小川は荒れ狂い、耳を聾する様な奔流だったが、今は大草原を緩やかに曲がりくねって流れていた。数週間以内にこの辺は緑に包まれる。また、ここにはキャンプの跡と思われる火で黒く焦げた石が見られたが、夏にインドからチベットに渡るキャラバンが容易に想像出来た。野生の羊の群れが我々の目の前を通り過ぎた。カモシカの様に軽快な足取りで、我々に気づくことなく、すぐさま視界から消え去った。あぁ!我々の腹も羊達の名残を惜しんだ。せめて奴らの一匹を深鍋でシチューにしてみたかった。そうすれば、今一度満腹になれたのに・・・。

峠のふもとで、我々はインド最後のキャンプを張った。夢見ていた腹いっぱいの食事の代わりに最後の小麦粉と水で練り、それを熱い石の上に置いて貧弱なケーキを焼き上げた。肌を刺す様な冷たい山の風が谷に吹き荒れる。それを防ぐには石の壁を築くしかなかった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ