〜解説〜

9月24日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-10

At last on May 17, 1944, we stood at the top of the Tsangchokla Pass. We knew from our maps that our altitude was 17,200 feet.

So here we were on the frontier between India and Tibet, so long the object of our wishful dreams.

Here we enjoyed for the first time a sense of security, for we knew that no Englishman could arrest us here. We did not know how the Tibetans would treat us, but as our country was not at war with Tibet, we hoped confidently for a hospitable welcome.

On the top of the pass were heaps of stones and prayer flags dedicated to their gods by pious Buddhists. It was very cold, but we took a long rest and considered our situation. We had almost no knowledge of the language and very little money. Above all, we were near starvation and must find human habitation as soon as possible. But as far as we could see, there were only empty mountain heights and deserted valleys. Our maps showed only vaguely the presence of villages in this region. Our final objective, as I have already mentioned, was Japanese lines - thousands of miles away. The route we planned to follow led first to the holy mountain of Kailas and thence along the course of the Brahmaputra till at last it would bring us to Eastern Tibet. Kopp, who had been in Tibet the year before and had been expelled from that country, thought that the indications on our maps were reasonably accurate.

After a steep descent we reached the course of the Opchu and rested there at noon. Overhanging rock walls flanked the valley like a canyon. The valley was absolutely uninhibited, and only a wooden pole showed that men sometimes came there. The other side of the valley consisted of slopes of shale up which we had to climb. It was evening before we reached the plateau, and we bivouacked in icy cold. Our fuel during the last few days had been the branches of thorn bushes, which we found on the slopes. Here there was nothing growing, so we had to use dry cow dung, laboriously collected.


訳:


脱走-10

1944年5月17日、ついに我々はツァンチョクラ峠の頂上に立った。地図によるとここは標高17200フィート(5700mくらい)である。

そして、ここは夢にまで見た場所、インドとチベットの国境なのである。

ここで、我々は初めて安心感を楽しむことが出来た。というのも、ここではイギリス人が我々を逮捕することが出来ないのだから!チベット人が我々をどう扱うかはわからなかったが、チベットと我々の母国は交戦状態になく、手厚く歓迎されるものとの確信に近い希望があった。

峠の頂上には、積み上げられた石と祈祷文が書かれた旗があった。これらは、敬虔な仏教徒により仏に捧げられたものだ。ここは非常に寒かったが、長い休憩を取り、我々の置かれている状況について考えてみた。我々は言葉をほとんど知らないし、お金もわずかしかなかった。特に、我々は餓死寸前であり、出来るだけ早く民家を見つけなければならなかった。しかし、我々に見えるのは、禿山と人の住まない谷ばかりだった。地図にはこの地域に村が存在することがぼんやり示されていただけ。前にも言ったが、我々の目標は日本軍の前線、何千マイルも先だ。当初のプランでは、まず聖なるカイラス山に向かい、そこから今度はブラマプトラ川を辿り西チベットに行くということだった。去年チベットに行き、追放されたコップによると、この地図の表示はそれなりに正確だという。

急な下りの後、我々はオプチュ川にたどり着き、そこで正午の休憩を取った。側面には覆いかぶさる様な岩が突出していて、まるで渓谷の様だった。この谷は完全に無人で、木のポールがあることで時々人が来るということがわかる程度だった。もう一方の壁は、頁岩で出来ており、そこを登らなくてはならなかった。上の高原に辿り着く前に夜になってしまい、我々は凍る様な寒さの中野営した。ここ数日、暖房用の燃料として斜面に生えているとげだらけの低木を使っていたが、ここにはそれさえも無く、骨折って牛糞を集めなければならなかった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ