〜解説〜

10月11日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-11

Before noon the next day, we reached our first Tibetan village, Kasapuling, which consisted of six houses. The place appeared to be completely deserted, and when we knocked at the doors, nothing stirred. We then discovered that all villagers were busy sowing barley in the surrounding fields. Sitting on their haunches, they put each individual grain of seed into the ground with the regularity and speed of machines. We looked at them with feelings that might compare with those of Columbus when he met his first Indians. Would they receive us as friends or foes? For the moment they took no notice of us. The cries of an old woman, looking like a witch, were the only sound we heard. They were not aimed at us, but at the swarms of wild pigeons that swooped down to get at the newly planted grain. Until evening the villagers hardly deigned to bestow a glance on us, so we four established our camp near one of the houses, and when at nightfall the people came in from the fields, we tried to trade with them. We offered them money for one of their sheep or goats, but they showed themselves disinclined to trade. As Tibet has no frontier posts, the whole population is brought up to be hostile to foreigners, and there are severe penalties for any Tibetan who sells anything to a foreigner. We were starving and had no choice but to intimidate them. We threatened to take one of their animals by force if they would not freely sell us one, and as none of the four of us looked a weakling, this method of argument eventually succeeded. It was pitch dark before they handed to us for a shamelessly high price the oldest billy goat they could put their hands on. We knew we were being blackmailed, but we put up with it, as we wished to win the hospitality of this country.

We slaughtered the goat in a stable, and it was not till midnight that we fell to on the half-cooked meat.


訳:


脱走-11

翌日の昼前に、我々にとってチベット最初の村、カサプリングに到着した。そこには6件の家しかなかった。どうやら無人の様で、ドアをノックしても全く動きがなかった。その後、村人達はみんな周囲の畑で忙しく大麦の種蒔きしていることがわかった。うずくまって、彼らは機械のように規則正しく同じ速度で、種を一粒一粒地面に蒔いていた。我々は、コロンブスが最初のインディアンを見た時もそうであったと思われるような感慨を覚えつつ、彼らを見ていた。彼らは我々をどのように迎えてくれるだろう?友としてか、あるいは敵としてか?さしあたって彼らは我々に特に注意を払わなかった。我々が聞いたのは、魔女みたいな老婆が上げた叫び声だけで、それも我々に向けられたものではなく、蒔いたばかりの種を狙って襲ってくる野生の鳩の群れに対してだった。夕方まで、村人達は我々に見向きもしなかったので、我々は一件の家のそばにテントを立ててしまった。そして夕暮れ、彼らが帰ってくると、取引を試みた。彼らに金を渡し、羊かヤギを1匹もらおうとしたが、彼らは気乗りしない様子だった。チベットには国境守備隊が無いので、国民は皆外国人には敵意を抱く様に教育されていた上、外国人に何かものを売ると厳しい罰則が加えられるのだ。我々は飢えており、彼らを脅すしかなかった。我々は、彼らが自発的に家畜を売ってくれないのなら、地からづくで奪うぞ、と脅した。我々4人に虚弱者はいなかったので、この争いはついに成功した。真っ暗になるちょっと前に、彼らは探し得る中で最も年老いたヤギを法外な値段で売った。我々はぼられたことはわかっていたが、我慢した。というのも、この国では暖かく迎えられたかったからだ。

家畜小屋でそのヤギを屠殺し、生焼けの肉を食べ始める頃にはもう真夜中になっていた。


英語トップ前の解答へ次の解答へ