〜解説〜

10月26日出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-12

We spent the next day resting and looking more closely at the houses. These were stone built with flat roofs on which the fuel was laid out to dry. The Tibetans who live here cannot be compared with those who inhabit the interior, whom we got to know later. The brisk summer caravan traffic with India has spoiled them. We found them dirty, dark-skinned, and shifty-eyed, with no trace of that gaiety for which their race is famous. They went sulkily to their daily work, and one felt that they had settled in this sterile country only in order to earn good money from the caravans for the produce of their land. These six houses on the frontier formed, as I later was able to confirm, almost the only village without monastery.

The next morning we left this inhospitable place without hindrance. We were by now fairly well rested, and Kopp's Berlin native wit, which during the last few days had suffered an eclipse, had us laughing again. We crossed over fields to go downhill into a little valley. On the way up the opposite slope to the next plateau, we felt the weight of our packs more than ever. This physical fatigue was caused mainly by a reaction to the disappointment that this long-dreamed-of country had up to now caused us. We had to spend the night in an inhospitable sort of depression in the ground, which barely shielded us from the wind.

At the very beginning of our journey, we had detailed each member of the party for special duties. Fetching water, lighting fires, and making tea meant hard work. Every evening we emptied our rucksacks in order to use them as foot bags against the cold. When that evening I shook mine out, there was small explosion. My matches had caught fire from friction - a proof of the dryness of the air in the high Tibetan plateau.


訳:


脱走-12

我々は、翌日は休養日とし、家々をもっと綿密に観察した。家々は石で出来ており、平らな屋根には燃料である牛糞(薪?)が乾燥のために並べて置かれていた。後々分かったことだが、この辺に住むチベット人は、チベット内部の住む人々とは比べようも無かったのだ。インドとチベットを行き来するキャラバンの活発な往来のため、すっかり人間がだめになっていた。彼らの肌は薄黒く汚れていて、目はこそこそしており、チベット人の特徴として有名な陽気さの痕跡さえない。彼らはむっつりとしながら日常の仕事をしていた。おそらく、キャラバンに農作物を売って一儲けしようと思い、この不毛な土地に引っ越して来たのだろう。後で確信したことなのだが、この国境に近い6件の家々からなる村は、チベットでただ一つの寺院の無い村であろう。

翌朝、特に問題も無く、この無愛想な村を旅立った。我々はたっぷり急用を取ることが出来た。ここ数日姿を潜めていたベルリン子コップの機知に富んだ話しっぷりが、再び我々の笑いを誘った。野原を渡り、丘を降りると、我々は小さな谷に入った。反対側のスロープを登り、次の台地に向かう途中、今までより荷物が重く感じた。この長年夢見てきた国に、これまでのところ我々は失望ばかり感じていたのだが、それがこの肉体的疲れの主な原因だと思われる。その晩を、荒れ果てたちょっとした窪みで過ごす羽目になったが、そこでは風をほとんど防ぐことが出来なかった。

旅の最初に、我々は役割分担を決めておいた。水を汲んで運んできて、火をつけ、お茶を作る、これらはたいへんな仕事だった。毎晩、リュックの中を空にし、それを足に被せ寒さよけにした。ある晩、私のリュックの中身をぶちまけていた時、小さな爆発があった。というのも、マッチが摩擦で発火したのだが、この事件は、チベットの高原がいかに乾燥しているかの証拠となろう。


英語トップ前の解答へ次の解答へ