〜解説〜

11月11日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-13

By the first light of day, we examined the place in which we had camped. We observed that the depression in which we had bivouacked must have been made by the hand of man, as it was quite circular and had perpendicular walls. It had perhaps been originally designed as a trap for wild beasts. Behind us lay the Himalayas with Kamet’s perfect snow pyramid; in front, forbidding, mountainous country. We went downhill through a sort of loess formation and arrived toward noon in the village of Dushang. Again we found very few houses and a reception as inhospitable as at Kasapuling. Peter Aufschnaiter, in vain, showed off all his knowledge of the language acquired in years of study, and our gesticulations were equally unsuccessful.

However, we saw here for the first time a proper Tibetan monastery. Black holes gaped in the loam walls, and on a ridge we saw the ruins of gigantic buildings. Hundreds of monks must have lived here once. Now there were only a few living in a more modern house, but they never showed themselves to us. On a terrace in front of the monastery were ordered lines of red-painted tombstones.

Somewhat depressed we returned to our tent, which was for us a little home in the midst of an interesting but oddly hostile world.


訳:


脱走-13

朝日が昇るまでに、我々はキャンプをした場所をよく調べてみた。この窪みは人の手で作られたに違いない。それというのも、形が本当に円形で、しかも壁が垂直だったからだ。たぶん、元々は野生の猛獣のわなとして作られたのだろう。我々の背後にはヒマラヤの山々、そして完璧な雪のピラミッドを成しているカメート山が、前方には近づきがたい山がちの土地が広がっていた。一種の黄土からなる丘を降り、昼までにドゥシャンの村に到着した。ここもカサプリング同様家は数件しかなく、もてなしも無愛想だった。ペーター=アウフシュナイターは、何年もの間に学んだ言葉の知識を最大限使ったが、それも我々の身振り手振り同様徒労に終わった。

しかしながら、我々はここで初めて立派なチベット寺院を見た。黒土で出来た壁にぽっかり黒い穴が開いており、そこから山の稜線を見ると、巨大な建物の廃墟があった。かつてはここに何百人もの僧侶が住んでいたに違いない。今となっては、ほんの数人しかいない。彼らはもっと近代的な家に住んでいるが、我々の前には決して姿を見せなかった。寺院の正面のテラスには、赤く塗られた墓石が規則正しく並んでいた。

いくらか意気消沈して、我々はテントに戻った。この興味深いがおかしな敵意を含んだ世界の中で、ここだけが我々の小さな家だったのだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ