〜解説〜

11月26日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-14

In Dushang, too, there were - when we came - no officials to whom we might have applied for leave to reside or travel. But this omission was soon to be rectified, for the officials were already on their way to find us. On the next day, we resumed our march with Kopp and myself in front, and Aufschneiter and Treipel a little way behind us. Suddenly we heard the tinkling of bells, and two men on ponies rode up and summoned us in the local dialect to return to India by the same way as we had come. We knew that we should not do any good by talking, and so to their surprise we just pushed them aside. Luckily they made no use of their weapons, thinking no doubt that we too were armed. After a few feeble attempts to delay us, they rode away, and we reached without hindrance the next settlement, which we knew was the seat of a local governor.

The country through which we passed on this day's march was waterless and empty with no sign of life anywhere. Its central point, the little town of Tsaparang, was inhabited only during winter months, and when we went in search of the governor we learned that he was packing his things for the move to Shangtse, his summer residence. We were not a little astonished to find that he was one of the two armed men who had met us on the way and ordered us to go back. His attitude, accordingly, was not welcoming, and we could hardly persuade him to give us a little flour in exchange for medicine. The little medicine chest that I carried in my pack proved our salvation then, and was often to be of good service to us in the future.


訳:


脱走-14

ドゥシャンにも、我々が到着した時には、滞在や通行許可を願い出られるような役所はなかった。しかし、この点はすぐに訂正されることとなった。というのも、役人がすでに我々の方に向かっていたからである。翌日、我々は前進を再開した。コップと私が前を、アウフシュナイターとトライペルがちょっと後ろを歩いていた。突然ベルの音が聞こえ、二人の男がポニーに乗ってやって来、我々にチベット語で来た道を辿り、インドに引き返す様に要求した。我々は話しても無駄だとわかっていたので、彼らを脇に押しのけた。彼らが唖然としていた。幸運なことに彼らは武器を使わなかった。我々も同様に武装していると思い込んでいたらしい。彼らは何度か気弱に我々を引きとめようとしたが諦め、馬に乗って去っていった。その後、次の居住地までなんの妨害にも遭わなかった。次の居住地には、地方の役場があることがわかっていた。

この日に通り過ぎた地域は、水が無く生命の印も全く見かけなかった。この地域の中央に位置する小さな街ツァパランは、冬の間だけ人が住む。我々が郡長を探していた時、彼は夏の移住地シャンツェに引越しするため荷物を詰めていたことがわかった。彼がここに来る途中で我々に遭遇し、来た道を戻る様に命令した武装男の一人だと気づいたときには少なからず驚いた。従って、彼の態度は決して歓迎してくれているものではなかった。それでも、薬とわずかの小麦を交換してくれるようなんとか説得した。私の荷物の中に入っていた小さな薬箱が、今回我々を救ってくれたのだ。その後も、しばしばこの薬箱が効用を表わすことになった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ