〜解説〜

12月12日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-15

At length the governor showed us a cave where we could pass the night, telling us once more that we must leave Tibet, using the road by which we had come. We refused to accept his ruling and tried to explain to him that Tibet was a neutral state and ought to offer us asylum. But his mind could not grasp this idea, and he was not competent to make a decision, even if he had understood it. So we proposed to him that we should leave the decision to a high-ranking official, a monk whose official residence was in Thuling, only five miles away.

Tsaparang was really a curiosity. I had learned from the books I had studied in the camp that the first Catholic mission station in Tibet had been founded here in 1624. The Portuguese Jesuit Antonio de Andrade had formed a Catholic community and is said to have built a church. We searched for traces of it but could not find any remains of a Christian building. Our own experience made us realize how difficult it must have been for Father Antonio to establish his mission here.

The next day we marched to Thuling to lay our case before the monk. There we found Aufschnaiter and Treipel, who had followed a different route. We all visited the abbot of the cloister, who happened to be the official we wanted, but found him deaf to our prayers to proceed on our way eastward. He agreed to sell us provisions only if we promised to go back to Shangtse, which lay on our road to India. There was nothing to do but agree, as we were without food.


訳:


脱走-15

ようやく郡長は、一晩過ごすことの出来る洞窟を案内してくれた。そして、もう一度、来た道を通ってチベットを離れなければならないと畳みかけた。我々は、彼の決定受け入れを拒否し、チベットは中立国であり我々の庇護をすべきであるということを説明しようと試みた。しかし彼はその考えを理解できないようだったし、たとえ理解できても彼の立場では決定権が無かった。そこで、ここからわずか5マイル離れたトゥーリンという街の役所にいる、上の階級の僧に決定を委ねることを彼に申し出た。

ツァパランは本当に興味深い土地だ。以下は、捕虜収容キャンプで勉強した本で読んだことだが、ここには、チベット最初のカトリック伝道の拠点が置かれたところなのだ。1624年のことである。ポルトガル人のイエズス会士アントニオ=デ=アンドラーデがカトリックの共同体を作り、教会も建てたと言われている。我々はその痕跡を探してみたが、キリスト教的な建物は一切見つからなかった。我々は経験から、アントニオ神父がここでカトリック伝道を行うのがいかに困難であったかをひしひしと感じるのであった。

翌日、我々は例の僧にチベット滞在の件を申し立てるためにトゥーリンに向かった。はぐれていたアウフシュナイターとトライペルにも出会った。我々の目的の役人というのは、なんと僧院の院長であったが、彼も我々のもっと東に進みたいという願いに耳を貸してくれなかった。また、もしインドに向かう道の途中の町、シャンツェに戻ると約束してくれるなら、食料を売ろうと言った。これには、はい、というしかなかった。というのも、我々にはもう食料がなかったからだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ