〜解説〜

12月27日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-16

There was also a secular official in Thuling, but we found him even less accommodating. He angrily refused all our attempts to approach him and went so far as to arouse the hostility of the people against us. We had to pay a high price for some rancid butter and maggoty meat. A few faggots cost us a rupee. The only pleasant memory that we took with us from Thuling was the picture of the terraced monastery with its gold-pointed roof pinnacles gleaming in the sunlight and the waters of the Sutlej flowing below. This is the largest monastery in West Tibet, but it has a very deserted aspect and we heard that only twenty out of 260 were actually residence.

When we had finally promised to return to Shangtse, they gave us four donkeys to carry our baggage. At first we wondered at their letting us go without any guards and only accompanied by the donkey man, but we soon came to the conclusion that in Tibet the simplest method of supervision is to forbid the sale of provisions to strangers unprovided with a permit.

The presence of the asses did not add to the pleasure of the journey. It took us a full hour to wade across the Sutlej because the beasts were so tiresome. We continually had to urge them on so as to reach the next village before dark. This place was called Phywang and had very few inhabitants, but looking up at the hillside we saw, as in Tsaparang, hundreds of caves.


訳:


脱走-16

トゥーリンにはもう一人俗人の役人がいたが、彼はもっと不親切だった。怒って我々を近づけないばかりか、我々に対する住民の敵意を煽るようなことさえした。腐ったような臭いのするバターや蛆の沸いた肉に高いお金を払わなければならなかった。わずかばかりの薪束にさえ1ルピー払わされる始末だ。トゥーリンでの唯一の楽しい思い出といえば、太陽の光で輝く金色の尖った屋根の小尖塔を有する寺院、その下を流れるストレジ川の水、この風景であろう。この寺院は西チベット最大だが、とても寂れた外観で、どうやら260人のうち20人の僧しか実際には住んでいないらしい。

結局我々はシャンツェに戻ることを約束させられてしまった。役人達は、荷物運び用にろばを4頭くれた。最初、ろばを世話する男一人だけで見張りを付けなくていいのだろうかと不思議に思ったが、そのうちこういう結論に達した。つまり、チベットでの最も簡単な監視の方法は、許可証のない外国人には食料の販売を禁止する、ということなのだ。

ロバが加わっても、旅が楽しくなるということは無かった。ストレジ川を渡るのに、ロバがあまりにも嫌がって、たっぷり1時間かかってしまった。暗くなる前に次の村へ着くため、絶えずロバ達を急き立てなければならなかった。そこは、フィワンと呼ばれるところで住民はわずかだったが、ツァパランと同じように丘の斜面を見上げると無数の洞窟があった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ