〜解説〜

1月11日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-17

We spent the night here. Shangtse was a full day's march distant. On our way there the next day, we had the most glorious views of the Himalayas to compensate us in some measure for the barren landscape through which we were driving our donkeys. On this stretch we first met the kiang, a sort of wild ass, which lives in Central Asia and enchants travelers by the gracefulness of its movements. This animal is about the size of a mule. It often shows curiosity and comes up to look at passers-by - and then turns and trots off in the most elegant manner. The kiang feeds on grass and is left in peace by the inhabitants. Its only enemy is the wolf. Since I first saw them, these untamed, beautiful beasts have seemed a symbol of freedom.

Shangtse was another hamlet with only half a dozen houses built of weather-dried mud bricks and cubes of turf. We found the village no more hospitable than the others. Here we met an unfriendly official from Tsaparang, who had moved into his summer quarters. He would no consideration allow us to proceed any farther into Tibet, but gave us the choice of traveling via Tsaparang or taking the western route over the Shipki Pass into India. Only if we agreed to one of these routes would he consent to sell us provisions.


訳:


脱走-17

我々はそこ(フィワン村)でその夜を過ごした。シャンツェまではちょうど一日の行程だ。翌日、シャンツェに向かう途中、ヒマラヤのとても神々しい姿を見ることが出来た。ロバを追い立てながら通り抜けている不毛な風景が幾分補われた気がする。この行程の途中、我々は初めてキャンを見た。キャンは、中央アジアに生息する野生のロバの一種、動きの優美さで旅行者を魅了する動物だ。大きさはだいたいラバと同じ。また、好奇心が旺盛で、しばしば旅人を見るために近づいてくる。そして優雅に向きを変え走り去っていくのだ。キャンは草を食み、住人も平和のうちにそれを放置している。唯一の敵はオオカミだ。私には、キャンを最初に見たときから、その飼い慣らされていない美しい野獣を自由の象徴の様に思えた。

シャンツェはたった6件の家からなる小村落で、家々は、日干し煉瓦と乾いた泥炭によって作られていた。ここでも、他の村々と同じようにもてなしが悪かった。ここで、ツァパランから夏の住居に移ったあの薄情な役人に会った。彼は我々をこれ以上チベットの奥に進ませる気は全く無かったが、ツァパラン経由か、あるいは西のシプキ峠を越えてインドに入るかの選択肢を与えてくれた。もし、この選択肢のどちらかを選べば、食料を我々に売ることを許可してくれるらしい。


英語トップ前の解答へ次の解答へ