〜解説〜

1月26日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-18

We chose the Shipki route, firstly because it was new country for us, and secondly because we hoped in our hearts to find some way out. For the moment we could buy as much butter, meat, and flour as we wanted. All the same we felt dejected at the unenlivening prospect of landing once more behind the barbed wire. Treipel, who found nothing pleasant about Tibet, was ready to give up and to cease from further attempts to stay in this barren land.

We spent the next day mostly in satisfying our appetites. I also brought my diary up to date and attended to my inflamed tendons, which had been caused by my forced night marches. I was determined to take any risk to avoid going back to confinement, and Aufschnaiter was of my way of thinking. The next morning we got to know the true character of the local governor. We had cooked meat in a copper pot, and Aufschnaiter must have been slightly poisoned, as he felt very ill. When I asked the governor to allow us to stay a little longer, he showed more ill will than ever. I quarreled with him violently, and to some effect, for he finally consented to supply Aufschnaiter with a horse to ride as well as putting two yaks at our disposal to carry our baggage.

This was my first acquaintance with the yak. It is the regular Tibetan beast of burden and can live only in high altitudes. This long-haired species of ox needs a lot of training before you can make use ox. The cows are considerably smaller than the bulls and give excellent milk.


訳:


脱走-18

我々はシプキルートを選択した。一つには行ったことのない地方だからというだが、もう一つにはなんとか抜け道を見つけたい、という願いが心の中にあったからだ。この時は、バター・肉・小麦粉を欲しいだけ買うことが出来た。しかし、我々は皆、また鉄条網の中に再び入らなければならないという元気が殺がれる見通しにすっかりしょげていた。トライペルは、チベットになんの楽しみも見出せず、この不毛な土地に居続ける試みをもう諦めようとしていた。

翌日はほとんど一日中、食欲を満たすことに専念した。また私は、滞っていた日記を更新し、連夜の無理な前進によって生じた腱鞘炎の手当てをした。私は捕虜収容所への再入所を防げるのならどんな危険でも冒す、と決心した。アウフシュナイターも同じ思いだった。翌朝、郡長の本当の性格を思い知らされた。我々は、銅の鍋で肉を調理したのだが、アウフシュナイターはそれに軽く中ったらしい、ひどく気分が悪くなったのだ。それで、私はもうちょっと長く滞在出来ないかを郡長に頼んだのだが、その時彼はこれまで異常に嫌な顔をした。で、かなり激しい口論となってしまったが、これがちょっと功を奏したらしい、郡長はアウフシュナイターが乗るための馬と、荷物輸送用に自由に使えるヤク二頭供給に応じてくれたからだ。

これが私とヤクとの始めての対面だった。ヤクは、チベットでよく見られる荷物運搬用の動物で、高地でしか生きられない。この毛の長い牛は、使いこなすのにかなりの熟練を要する。メスはオスに比し、かなり小さく、素晴らしいミルクが取れる。


英語トップ前の解答へ・次の解答へ