〜解説〜

2月11日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-19

The soldiers who had accompanied us from Shangtse carried a letter for our safe conduct, and this entitled us to buy whatever provisions we needed. It also entitled us to change our yaks without payment at each halting place.

The weather by day was pleasant and comparatively warm, but the nights were very cold. We passed a number of villages and inhabited caves, but the people took little notice of us. Our donkey driver, who came from Lhasa, was nice and friendly to us and enjoyed going into the villages and swaggering about. We found the population less mistrustful; no doubt it was the influence of our safe conduct. While we were trekking through the district of Rongchung, we found ourselves following Sven Hedin's route for a few days, and as I was a great admirer of this explorer, lively memories of his descriptions were kindled in my mind. The terrain we traversed remained very much the same. We continued to cross plateaux, climb down into deep valleys, and climb painfully up the other side. Often these were so narrow that one could have called across them, but it took hours to walk across. These constant ups and downs, which doubled the length of our journey, got on one's nerves, and we thought our own thoughts in silence. Nevertheless we made progress and had not to bother about our food. At one point, when we had the idea of changing our menu, we tried our luck at fishing. Having had no luck with the hook, we stripped and waded into the clear mountain brooks and tried to catch the fish in our hands. But they seemed to have better things to do than to end up in our cooking pot.


訳:


脱走-19

シャンツェから同行した兵士達は、我々を安全に案内するための文書を運んでいた。その文書のおかげで、我々は必要な食料はなんでも買う権利と、無料で各停止場所でヤクを変える権利が得られた。

日中の天気は気持ち良く、比較的暖かかったが、夜になると非常に寒くなった。数々の村や人の住む洞窟群を通ったが、住民達は我々にほとんど注意を払わなかった。ロバ追い人はラサ出身の男で、我々には気持ちよく親密に接し、村の中に入り込んで尊大に振舞うのを楽しんでいた。住民もあまり疑い深くなかった、これも間違いなく例の安全案内文書の影響なのだろう。ロンチュン地方を旅している最中のことだが、数日の間スヴェン=ヘディンのルートを辿っていることがわかった。というのも、私は彼の崇拝者であり、彼の記述の生き生きした記憶が心に蘇って来たからだ。我々が横切ってきた地形がまさに同じなのだ。高原を横切り、深い谷を降り、そしてもう一方の斜面を苦しんで登る、その繰り返しだった。それらの谷は、しばしば横切るという表現を使えるほど狭かったが、横切るのに何時間もかかった。絶えず続く上り下りのために我々の行程は二倍となり、皆いらいらし、押し黙って自分の考えにふける様になった。それでもなお我々は前進したし、食べ物のことで煩わされることもなかった。ある地点でメニューを買えてみようということになった。釣りを試してみた。釣り針ではつれず、我々は服を脱いで浅瀬を歩き手で魚を捕まえようとしたが、結局魚達は鍋の中には入らなかった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ