〜解説〜

2月26日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Escape-20

So we gradually approached the Himalaya range and sorrowfully the Indian frontier. The temperature had become warmer, as we were no longer so high up. It was just here that the Sutlej breaks its way through the Himalayas. The village in this region looked like little oases, and around the houses there were actually apricot orchards and vegetable gardens.

Eleven days from Shangtse, we came to the frontier village of Shipki. The date was June 9 - we had been wandering about Tibet for more than three weeks. We had seen a lot, and we had learned by bitter experience that life in Tibet without a residence permit was not possible.

We spent one more night in Tibet, romantically encamped under apricot trees whose fruit unfortunately was not yet ripe. Here I succeeded in buying a donkey for eighty rupees on the pretext that I would need a baggage animal for my things in India. In the interior of Tibet I could never have managed this, but near the frontier it was different and I felt that a baggage animal was absolutely essential to the successful accomplishment of my plan.

Our donkey man left us here and took his animals with him. "Perhaps we shall meet again in Lhasa," he said with a smile. He had spoken to us enthusiastically about the pretty girls and good beer to be found in the capital. Our road wound up to the top of the pass, where we reached the frontier, but there were no frontier posts, Tibetan or Indian. Nothing but the usual heaps of stones and prayer flags, and the first sign of civilization in the shape of a milestone that said: SIMLA 200 MILES.

We were in India once more, but not one of us had the intention of saying long in this land in which a wire-fenced camp was waiting to receive us.


訳:


脱走-20

我々はだんだんヒマラヤ山脈に近づいて来たが、それはつまり残念ながらインド国境に近づいて来たことでもある。もはやそんなに高地ではないので気温は上昇してきた。またここは、ストレジ川がヒマラヤを貫いて流れるところでもあるのだ。この地域の村はまるで小さなオアシスに見えた。杏の果樹園や菜園に家々が囲まれていた。

シャンツェから11日目、我々は国境の村シプキに着いた。日付は6月9日、チベットを三週間以上彷徨っていたことになる。いろいろなものを見て来たが、特にチベットでは居住許可書が無ければ生活は不可能だという苦い経験が得られた。

我々はもう一晩チベットで過ごした。ロマンチックに杏の木々の下にキャンプを張った。しかし、残念にも杏は熟していなかったが。私はここで、インドで荷物運びに利用するという口実で、ロバを80ルピーで入手するのに成功した。これは、チベット内地では絶対に出来ないことだが、国境近くでは事情が違う様だ。それに、荷物運びの動物は、絶対に私の計画を成功させるのに重要だと感じた。

ロバ追いの男は我々とここで別れ、彼のロバ達を連れて帰った。「次はラサで再開しましょう!」と彼は笑顔で言った。彼は、首都の女の子はかわいくて、ビールがおいしいことをさかんに強調していた。我々はくねくねした道を登り国境に達した。そこにはチベット−インド国境を示す標はなかった。積み重ねた石の山と祈祷文が書き込まれた旗、そして最初の文明の印として、道標があった。「シムラまで200マイル。」

我々はインドに再び戻ってきた。でも誰一人としてこの国に長く滞在しようなんて思っていなかった。というのも、ここでは鉄条網で囲まれた捕虜収容所が待っているからだ。

(脱走 終了)


英語トップ前の解答へ次の解答へ