〜解説〜

3月14日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-1

My plan was to seize the first opportunity to slip over the frontier again into Tibet. We were all of us convinced that the minor officials we had hitherto encountered were simply not competent to decide about our case. This time we had to approach some higher authority. To find what we wanted, we should have to go to Gartok, the capital of Western Tibet, which was the seat of the governor of the region.

So we marched down the great, much used trade road a few miles till we came to the first Indian village. This was Namgya. Here we could stay without arousing suspicion, as we had come from Tibet and not from the plains of India. We passed ourselves off as American soldiers, bought fresh supplies, and slept in the public resthouse. Then we separated. Aufschnaiter and Treipel went down the trade road that flanked the Sutlej, while Kopp and I drove our donkey into a valley that ran in a northerly direction toward a pass that led over into Tibet. As we knew from our maps, we had first to go through the Spiti Valley, which was inhabited. I was very glad that Kopp had attached himself to me, as he was a clever, practical, and cheerful companion, and his vein of Berlin wit never petered out.


訳:


チベットへ-1

私のプランはこうだ。国境を再び越えてチベットに忍び込む最初の機会を逃さない。これまでに遭遇して来た小役人達には、我々のケースについて決定する権限は無いということを確信している。それならば、今度はもっと高い権限を持った人間に働きかけなければならない。そういう人間を見つけるためには、西部チベットの首都であるガルトクに行くべきだろう。そこは、西部チベットの政府の所在地なのだ。

そこで我々は、最初のインドの村に着くまで大きく人通りも多い貿易路を進んだ。村の名前はナムジャ。ここでは、なんの疑いも抱かれずに済んだ。というのも、インド平原からではなくチベット側から来たからだ。我々はアメリカ人兵士ということで通し、新鮮なものを購入し、公共の宿泊施設に泊まった。
ここで我々は別れた。アウフシュナイターとトライペルは、ストレジ川に沿った貿易路を下る一方、コップと私はロバを連れ、チベットへ繋がる峠に向かう北に伸びる人の住んでいる谷に入った。コップが私の方に来てくれたのは本当に嬉しかった。というのも、彼は頭が良く、実際的な性格で、しかも明るい男だったからだ。彼のベルリンっ子特有の機知は尽きることが無かった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ