〜解説〜

3月29日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-2

For two days we tramped upward on the bank of the Spiti River; then we followed one of the nearby valleys, which would clearly bring us over the Himalayas. This region was not well marked on our maps, and we learned from the natives that we had already passed the frontier when we crossed a certain bridge known as Sangsam. During all this part of our journey, we had on the right of us Riwo Phargyul, a beautifully shaped peak more than 22,000 feet high on the crest of the Himalayas. We had reached Tibet at one of the few places where Tibetan territory extends into the Himalaya range. Of course we now began to be anxious and to wonder how far we should get this time. Luckily no one knew us here, and no unkind official had warned the people against us. When questioned, we said we were pilgrims bound for the holy mountain of Kailas.

The first Tibetan village we reached was called Kyurik. It consisted of two houses. The next, Dotso, was considerably larger. Here we ran into a number of monks - more than a hundred of them - in quest of poplar trunks, which they were going to carry over the pass to Trashigang and there use for one of the monastery buildings. This monastery is the largest in the province of Tsurubyin, and the abbot is at the same time the highest secular officer. We began to fear that our journey might come to a premature end when we met this dignitary. However, when he questioned us, we said we were the advance party of a large European force that had obtained official permission to enter Tibet from the central government at Lhasa. He appeared to believe us, and much relieved, we continued our journey. We had a grueling climb to the top of a pass called by the Tibetans Bud-Bud La. This pass must be over 18,000 feet high. The air was unpleasantly rarefied, and the ice tongues of a neighboring glacier projected over the route.


訳:


チベットへ-2

我々は、スピティ川の土手を二日間遡った後、近くの谷の一つに入った。この谷を行けば、明らかにヒマラヤを越えられるはずだ。この辺については、地図にあまりちゃんとした記載が無い。付近の住民によると、我々は、サンサムという橋を渡った時点ですでに国境を越えてしまったらしい。この辺の旅では常に、リオ=ファルギュル山が左に見えた。標高22000フィート、ヒマラヤ山脈の稜線に聳える美しい山だ。ヒマラヤ山脈の中に入り込んでいるチベットの幾つかあるテリトリーの一つに、我々はすでに入り込んでいたのだ。もちろん、どこまで行くことが出来るのかが心配になって来た。幸運なことに、我々のことを知る人間に会わなかったし、我々に敵対させるように人々をし向ける薄情な役人もいなかった。質問されれば、聖なるカイラス山へ向かう巡礼だ、と答えた。

チベットに入り最初に着いた村はキュリクといって、たった二件の家しかなかった。次の村はドツォ、かなり大きかった。そこで、我々は百人以上にも及ぶ僧侶達に出くわした。彼らはポプラ材を探しに来たのだと言う。それを峠の向こうトラシガンに運び、寺院の建材にするそうだ。この寺院はツルブリン県最大のもので、そこの寺院長は、同時に一番位の高い世俗の役人でもあった。我々は、その高位聖職者に遭った際に、この旅も時ならぬ終わりを遂げてしまうのではないか、と不安になった。彼に質問されたとき、我々は、ラサの中央政府からチベット入国許可証を得ている大きなヨーロッパの軍隊の先発隊だ、と答えた。彼はそれを信じた様で、ほっとした。で、我々は旅を続けた。チベット人がブト=ブト=ラと呼ぶ峠を登りくたくたになった。そこは、標高18000フィート以上あるに違いない。空気は気持ち悪くなるほど希薄で、隣接した氷河の先端が、峠の道を越えて突出していた。


英語トップ前の解答へ次の解答へ