〜解説〜

4月28日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-4

I found I was able to make myself understood by these pleasant companions, and the feeling that my knowledge of the language was improving gave me great pleasure. We arranged to go hunting together the next day, and meanwhile made ourselves at home in the tent of young couple. The nomad and his wife were the first cheerful and friendly Tibetans we had met, and I shall not forget them. The highlight of our host's hospitality consisted in his producing a wooden bottle of barley beer. It was a cloudy, milky liquid that bore no resemblance to what we call beer, but it had the same effect.

The next morning the three of us went hunting. Our young friend had an antediluvian muzzle loader and in a breast pocket carried leaden bullets, gunpowder, and a quick match. When we saw the first flock of wild sheep he managed laboriously to light the quick match by using a flint. We were anxious to know how this museum piece of a gun would function. There was a report like thunder, and by the time I had got clear of the smoke, there was no sign of a sheep to be seen. Then we saw the flock galloping away in the distance; before they vanished over the rocky ridge, some of them turned around to eye us with a mocking glance. We could only laugh at our own discomfiture, but in order not to return with empty hands, we picked wild onions, which grow everywhere on the hillsides and which go so well with venison.


訳:


チベットへ-4

この愉快な二人が、私の言葉を理解してくれていることを知り、チベット語の上達を非常に嬉しく思った。翌日、狩りをすることにし、それまでの間、我々はこの若い夫婦のテントでくつろいだ。この遊牧民の男性と奥さんは、チベットで出会った初めての、楽しく友好的な人たちで、今後も忘れることはないだろう。最大のもてなしは、彼が木の樽で大麦ビールを作ってくれたことだ。それは、濁った乳白色の液体で、我々がビールと読んでいるものに似ていなかったが、効果は同じだった。

翌朝我々3人は、狩りに出かけた。若い友人(遊牧民)は、旧式の口装銃を持ち、胸ポケットには鉛の弾丸、火薬、火縄を入れていた。野生の羊の群れが我々の視界に入った!彼は、苦労して火打石を使って火縄にやっと点火した。この博物館の陳列物みたいな銃が、どのように機能するかが心配になった。雷みたいな音がした!だが、私の目の前から煙がやっと消え去った時には、羊は目の前に一匹もいなくなっていた。遠くに、羊の群れが駆け去って行くのが見えた。羊達が岩の尾根を越える直前、何匹かがこちらを振り返り、あざける様な目つきでこちらを見た。もう、この失敗は笑うしかなかった。でも、空手で帰る訳にもいかず、山腹に生えている野生のタマネギを採った。これは、鹿肉と一緒に料理すると良いのだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ