〜解説〜

5月13日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-5

Our friend's wife apparently was used to her husband's bad luck in the hunting field. When she saw us returning without any game, she received us with screams of laughter, and her slit eyes almost disappeared in her merriment. She had carefully prepared a meal from the game her husband had killed a few days before and now got down enthusiastically to cooking it. We watched the operation and were somewhat astonished when she slipped off the upper half of her great fur mantle, around the waist of which she wore a bright colored belt, without a trace of shyness. The heavy fur had hindered her movements, so she stripped to the waist and carried on happily. Later on we often encountered similar examples of natural simplicity. It was with real regret that we parted from this friendly couple, when fully rested and with our bellies full of good fresh meat we set out on our way. As we traveled we often saw the black forms of wild yaks grazing far away on the mountainside. The sight of them prompted our donkey to make a bid for independence: he dashed through a widish stream and before we could reach him had shaken our packs off his back. We followed him, cursing and swearing, and eventually caught him. Then, as we were busy drying our things on the farther side of the water, two figures suddenly came into view. We recognized the first at once from his regular, slow, mountaineer's stride - it was Peter Aufschnaiter, with a hired bearer. It may be thought that such a meeting in such a place sounds farfetched, but it is only by certain valleys and passes that one comes over the mountain ranges, and we and Peter had chosen the most well-trodden route.


訳:


チベットへ-5

友人の奥さんは、旦那の狩猟のツキの無さについて、明らかに慣れていた。獲物無しで帰って来た我々の姿を見ると、彼女は、笑い転げながら迎えてくれた。あまりに笑うので、彼女の細い目がほとんど消えかかっていた。彼女はすでに、旦那が数日前に獲った獲物で食事の用意をしてい、現在、熱心に調理中だった。我々はその様子を見ていたのだが、上半身を覆っていたマントを、鮮やかな色のベルトをしているウエストの位置まで、恥ずかしげも無く落としてしまった時には、ちょっと驚いた。重い毛皮は、動きの妨げになったので、彼女はウエストの位置まで脱いでしまったのだ。その後、楽しそうに調理に戻った。この後も、こういった自然な天真爛漫さにしばしば遭遇することとなった。十分に休養を取り、おいしく新鮮な肉で腹も膨れたところで、我々は出発したが、この親愛なる友人達と別れるのは、本当に残念だった。
旅をしている最中、我々はしばしば、遠くの山腹で草を食む野生ヤクの黒っぽい姿を見かけた。その光景で我々のロバは刺激され、逃げようという企てを立てた。ロバは、広めの流れを突っ切ってダッシュし、我々が追いつく前に、荷物を背中から振り落とした。我々は、汗をかきののしりながら、とうとうロバを捕まえた。流れの向こう岸で、濡れたものを乾かすのに気をとられていると、いきなり二つの人間の姿が視界に現れた。規則正しく、ゆっくりと、歩幅広く歩く姿、すぐ誰かわかった!ペーター=アウフシュナイターだ!それとお雇い荷物運び人も一緒だった。この出会いはありそうに無いことにも思えるが、一定の範囲の山を越える場合、通る谷や峠はだいたい決まっている。ペーターも我々も、一番使われるルートを選んだということだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ