〜解説〜

5月30日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-6

After warm greetings Aufschnaiter began to tell us what had happened to him in the interval. On June 17, he had parted from Treipel, whom he left riding into India on a horse, meaning to pass himself off as an Englishman. He bought the horse with the last of his money. Aufschnaiter himself had been ill, but when he had recovered had followed us. He had on the way heard some of the latest war news to which, though we were living in another world, we listened greedily.

At first Aufschnaiter did not want to go us to Gartok, as he believed that we would be turned out of the country again. He thought it would be wiser to press straight on into Central Tibet and join up with the nomads there. Finally we all went together, and Aufschnaiter and I were not to part company again for years. We knew that if everything went smoothly we needed about five days to get Gartok. We had to cross another high pass, the Bongru La. Camping these days was no pleasure. It was very cold by night at 17,000 feet!

Small incidents provided variety. Once it was the spectacle of a fight between wild asses. The combatants were two stallions, probably fighting for the lordship over the mares in the herd. Chunks of turf flew, and the earth shook under their hoofs. The duelists were so absorbed in their struggle that they did not notice us onlookers. Meanwhile the mares, greedy for sensation, danced around, and the arena was often hidden in a thick cloud of dust.


訳:


チベットへ-6

温かい挨拶を交わした後、アウフシュナイターは、別れている間に彼の身に起こったことを語った。6月17日、彼はトライペルと別れた。トライペルはイギリス人として通すために、馬に乗ってインドへ出発した。彼は最後のお金を使って馬を購入したのだ。アウフシュナイター自身は体調を壊していたが、もう回復していた。また、彼は途中で、戦争に関する最近のニュースも聞いて来ていたので、こんな別世界に住んでいるにも関わらず、我々は貪る様に聞いた。

最初アウフシュナイターは、ガルトク行きに反対だった。というのも、またチベットを追い出されると思っていたからだ。彼曰く、チベットの中央まで強行した方が賢いやり方だ、ここでは遊牧民に紛れ込もう、と。結局我々は一緒に行動することにした。また、アウフシュナイターと私はこの後ずっと離れることはなかった。ガルトクまでは全てが順調に行っても約5日を要するというのはわかっていた。その上、もう一つの高い峠、ボングル・ラを越えなければなかった。このところのキャンプはきついものがあった。何せ17,000フィート(約5,200m)のタカサでは、夜の間とても寒いのだ。

ちょっとした出来事が変化をもたらした。一度、二頭の野生のロバの戦いの光景に出くわしたのだ。雄間の戦闘で、どうやら群れの雌の所有権を争っていたらしい。草の塊が飛び散り、ひずめの下の地面が揺れた。彼らはあまりに戦いに夢中になっており、我々見物人のことには気づかなかった。その間、雌は興奮して周囲を飛び回り、しばしば土ぼこりで戦闘場面が見えなくなった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ