〜解説〜

6月14日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-7

After crossing the two passes, we had the Himalayas behind us once more, and I was glad to be away from them, as we were at last reaching warmer regions. Coming down into the Indus Valley, we met numbers of yak-drawn caravans bearing wool to India. We were struck by the size and strength of these beasts. Their drivers, too, were well-set-up youths, who despite the fierce cold were naked to the waist. Both men and women wore their fur coats inside out with the fur against their bare bodies. They keep their arms out of the sleeves, so as not to hamper their freedom of movement. The drivers start the yaks off slinging stones at them and keep them on the track by the same method. They seemed in no way interested in us foreigners, and we pursued our way unmolested.

We marched for five successive days along the upper water of the Indus before we arrived at Gartok. The scenery was unforgettable. It was the colors that enchanted the eye, and I have seldom seen all the hues of a painter's palette so harmoniously blended. Alongside the clear waters of the Indus were light yellow fields of borax, with the green shoots of springtime springing up near them (for spring in these regions does not come until June). In the background were the gleaming snow peaks.


訳:


チベットへ-7

峠を二つほど越えると、ヒマラヤ山脈はもう一度我々の背後に回った。この山脈と離れるとは喜ばしいことだ、というのも、ようやく暖かな地方に到達することが出来たからだ。インダス川の峡谷に入ると、インドに羊毛を運ぶヤクのキャラバンによく出会った。それにしても、ヤク達の大きさと力には驚いた。ヤクを追っている若者達も立派な体格をしており、非常に寒いにも関わらず上半身をはだけていた。男も女も、毛皮のコートを、毛側がそのまま肌に接する様に着ていた。動きの自由を阻害されないため、袖に腕を通さないままだ。また、ヤクを出発させたり、コースからはずれない様にするのには、石を投げる。彼らは我々外国人には全く興味を示さず、こちらは邪魔されず道を進むことが出来た。

続く5日間、我々は上流に沿ってガルトクに進んだ。風景は忘れられないものであった。目を魅了したのは、なんといっても色彩だ。パレット上のいろいろな色がこの様に見事に調和したところなぞ、滅多に見たことがない。インダス川の澄んだ水の傍らには、薄い黄色のホウ砂の河原、そのそばでは若木の春の芽吹きが見える(なぜなら、この辺の春は6月までやって来ないのだ)。さらに後ろには輝く雪の高峰が聳えている。


英語トップ前の解答へ次の解答へ