〜解説〜

6月29日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-8

The first village on the far side of the Himalayas in Trashigang, consisting of just a few houses grouped around a fortress-like monastery surrounded by a moat. Here we again found an ill-disposed population, but they showed no astonishment at seeing us and gave us no real trouble. This time we had arrived just in the season in which Indian traders stream into the country to buy up the wool. We had no difficulty in obtaining provisions from these people. Aufschnaiter tried in vain to turn his gold bracelet into cash. Had he done so, he would have been able to afford to push on directly into Inner Tibet without touching Gartok. During the whole of our march, we were repeatedly stopped by prosperous-looking mounted Tibetans, who asked us what we had to sell. As we had no servants and were driving a pack donkey, they could not imagine that we were anything but traders. We became convinced every Tibetan, whether poor or rich, is a born trader, and exchange and barter his greatest passion.


訳:


チベットへ-8

ヒマラヤの越えた側の最初の村はトラシガン、濠をめぐらせた要塞の様な寺院の周囲に民家が数件あるだけだ。ここの住民もたちが悪かったが、我々の姿を見ても特に驚かず、実害は被らなかった。我々の到着したこの時期は、丁度インドの貿易商人達が、ウールを買い占めるためになだれ込む時期に重なっていた。おかげで、困難なく彼らから食料を得ることが出来た。アウフシュナイターは、金のブレスレットを現金に換えようとしたが失敗した。もしそれが成功していたら、ガルトクに寄らず、直接チベット中央に乗り込む金銭的余裕が出来ただろう。我々の行程の至るところで、馬に乗った裕福そうなチベット人に繰り返し呼び止められ、何か売るものは無いか、ときかれた。我々には召使が同行していず、ロバに荷物を積んでいるので、彼らにとっては貿易商人以外に見えなかったのだろう。金持ちだろうが貧乏だろうが、全てのチベット人というものは生まれながらの商人で、換金や物々交換にたいへんな熱情を注いでいるということを認識した。


英語トップ前の解答へ次の解答へ