〜解説〜

7月15日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-9

From our reading we know that Gartok was the capital of Western Tibet, and the seat of the viceroy; our geography books had told us that it was the highest town in the world. When, however, we finally set eyes on this famous place, we could hardly help laughing. The first thing we saw were a few nomads' tents scattered about the immense plain; then we caught few mud-brick huts. That was Gartok. Except for a few stray dogs, there was no sign of life.

We pitched our little tent on the bank of the Gartang-Tchu, a tributary of the Indus. At last a few curious individuals came up, and we learned from them that neither of the two high officials was in the town and only the "second viceroy's" agent could receive us. We decided to submit our petition to this personage at once. Going into his office we had to bend low, for there was no door, only a hole in front of which hung a greasy curtain. We came into a dimly lit room with paper gummed over the windows. When our eyes had grown accustomed to the twilight, we discerned a man who looked intelligent and distinguished, sitting like a Buddha on the floor before us. From his left ear dangled an earring at least six inches long as a sign of his rank. There was also a woman present, who turned out to be the wife of the absent official. Behind us pressed a crowd of children and servants who wished to see these peculiar foreigners from close at hand.


訳:


チベットへ-9

我々の読んだ書物には、ガルトクはチベット西部の首都、総督が住むところで、また、世界一標高の高い都市でもあると書いてあった。しかしながら、この有名なところを見つけた時には笑わざるを得なかった。というのも、最初に見かけたのが広大な平地に散らばった数個の遊牧民のテント、次に目についたのがわずかな泥レンガの小屋だった。これがガルトクなのだ……。数匹の犬がさまよっている他に、生き物は見かけなかった。

我々は、ガルタン−チュというインダス川の支流の土手に小さなテントを張った。やがて、数人の野次馬がやってきた。彼らによると、この街の二人の高位役人は不在で、第二総督の代理人が応対してくれるかもしれない、とのことだった。我々は、すぐにこの名士に嘆願書を提出しよう、と決めた。彼のオフィスに入る際、低く屈まなければならなかった。というのも、正面にはドアがなく、穴に脂じみたカーテンがかかっているだけだったからだ。部屋の中は、紙をゴムで貼った窓からの光りでぼんやりとしか明るくなかった。その薄暗さに目が慣れてくると、我々の目の前に、知的で品のありそうな人物が仏陀のごとく座っているのがわかった。彼の左耳には、少なくとも6インチの長さがあるイヤリングがぶらさがっていた。それは彼の階級を表わすものである。もう一人女性も居たが、後に今は不在の高官の奥さんということがわかった。我々の後ろでは、この奇妙な外国人を見ようと、子供たちや召使たちが押し合いへし合いしていた。


英語トップ前の解答へ次の解答へ