〜解説〜

8月31日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-12

Aufschnaiter composed a short letter begging for an audience. As no answer came, we set out in the late afternoon to visit the garpon. His house was not essentially different from that of his agent, but inside it was cleaner and of the better quality. The garpon, a high official, is invested for the duration of his mission with the fourth rank in the hierarchy of the nobles. He is in charge of five districts, which are administered by nobles of the fifth, sixth, and seventh rank. During his period of office, the garpon wears a golden amulet in his piled-up hair, but he may wear this ornament only while on duty in Gartok. In Lhasa he is reduced to the fifth rank. All the nobles in Tibet are ranked in seven classes, to the first of which only the Dalai Lama belongs. All secular officials wear their hair piled up on their heads, monks are shaven, and the ordinary people wear pigtails.

At last we came into the presence of this potentate. We explained our case to him in all its details, and he listened to us with friendly patience. Often he could not refrain from smiling at our defective Tibetan, while his retainers laughed out loud. This merriment added a spice to the conversation and created a friendly atmosphere. The garpon promised to consider our case carefully and to talk it over with the representative of his colleague. At the end of the audience, we were hospitably entertained and received tea made in the European fashion. Afterward the garpon sent presents to our tents, and we began to hope for a happy issue.


訳:


チベットへ-12

アウフシュナイターは、謁見を請う短い手紙を書いた。返事が来なかったので、昼下がりに我々はガルポンの元に訪れてみることにした。彼の家も基本的に代理人の家と変わりなかったが、内部はもっと清潔で質も良かった。ガルポンは高位の役人で、その任期の間は第四位の貴族位を与えられる。彼は、第六、七位の貴族が治める行政区5つを担当している。任期期間中、ガルポンは結い上げた髪に金の護符を付けているが、この装飾品を身にまとえるのはガルトクでの任務の間だけだ。ラサでは、彼は第五位の貴族になってしまう。チベット貴族というのは7つの位分けがなされている。第一位に属するのは、ダライ=ラマだけである。世俗の役人はすべて髪を結い上げ、僧侶は剃り、庶民は弁髪にしている。

ついに我々はこの有力者の面前に立った。我々は事情を事細かに彼に説明し、彼は親切にも辛抱強く聞いてくれた。彼はしばしば、我々の片言のチベット語に笑みを漏らし、家臣は大声で笑った。この笑いを誘う出来事のおかげで、会話の雰囲気が打ち解けたものになった。彼はこの件につき慎重に考慮し、同僚の代理人達と話し合うことを約束してくれた。会見の後、我々はヨーロッパ式のお茶で手厚くもてなされた。さらにその後で、彼はテントにプレゼントを届けてくれたが、この嬉しい贈り物で我々の希望が膨らみ始めた。


英語トップ前の解答へ次の解答へ