〜解説〜

9月15日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-13

Our next audience was rather more formal but still cordial. It was a regular official meeting. The garpon sat on a sort of throne, and near him on a lower seat was the agent of his colleague. On a low table lay a file of letters written on Tibetan paper. The garpon informed us that he could give us passes and transport only for the province of Ngari. We would in no circumstances be allowed to enter the inner provinces of Tibet. We quickly took counsel together and suggested that he should give us a travel permit to the frontier of Nepal. After some hesitation he promised to communicate our request to the government in Lhasa, but he explained to us that the answer might not arrive for some months. We were not anxious to wait all that time in Gartok. We had not given up the idea of pushing on to the east and were anxious to continue our journey at all costs. As Nepal was a neutral country situated in the direction which we wished to go, we felt that we could be satisfied with the result of the negotiations.


訳:


チベットへ-13

次の謁見はちょっと格式ばってはいたが、やはり心がこもったものだった。これは正規の公式面会で、ガルポンは一種の玉座に座り、隣には彼の同僚の代理人が座っていた。低いテーブルの上には、チベット製の紙に書かれた書類の束が置かれていた。
ガルポンは、次の様に告げた。我々はヌガリ州内のみ自由に往来し荷物の運搬も出来るが、中央チベットの州には入れない、と。
我々はすぐに相談し、ネパール国境まで行くことの出来る許可証を出せないものかを聞いた。
ガルポンはちょっと躊躇しつつも、ラサ政府と話し合ってみることを約束してくれた。ただし、数ヶ月はかかるという。
我々は、ここガルトクで待つことになんの不安も覚えていなかった。諦めるつもりはなかったし、なんとしても旅を続けたかった。それにネパールは中立国な上、方向的にも我々の目的に合っており、交渉は満足の行く結果となった、と言えよう。


英語トップ前の解答へ次の解答へ