〜解説〜

7月31出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-2

On December 17, we left Tradun, which had sheltered us for four months. We felt no grudge against the Tibetans for not allowing us to go to Lhasa. Everyone knows how hard it is for foreigners without passports to get a footing in any country. By giving us presents and providing us with transport, the Tibetans had shown hospitality far exceeding that customary in other countries. Although I did not then appreciate our good fortune so much as I do now, Aufschnaiter and I were still thankful for the eight months we had passed outside the barbed wire.
Now we were on the march again. Our convoy consisted of Aufschnaiter and myself accompanied by two servants. One of these carried, wrapped up like a sacred relic, the letter of the government to the district officer at Kyriong. We were all mounted, and our two yaks were kept moving by a driver. One could see from far off that our caravan belonged to persons of consequence - very different from the three down-at-heel vagabonds who had crossed the Himalayas into Tibet some months before.
Our road took us again over the Himalayan watershed toward the southeast. The Tsangpo was already frozen when we crossed it, and the nights in the tent were bitterly cold.


訳:


幸福の村-2

12月17日、我々は4ヶ月の間過ごして来たトラデュンを出発した。ラサへの渡航を許可してくれなかったチベット人を恨む気持ちは全く無かった。パスポート無しでは、どの国でもやっていくのがたいへんなことは誰でも分かっていることだ。それなのに、チベットの人達は、他の国では考えられない様な贈り物や輸送手段の提供をし、我々を親切ももてなしてくれた。今ほど、この幸運を評価していなかったまでも、アウフシュナイターと私は、鉄条網の外で8ヶ月も過ごせたことに対し、感謝の念を抱いていた。
さて、行軍がまた始まった。今度の隊は、アウフシュナイターと私、そして召使二人の計4人、召使の一人は、政府からキロンの地方役人に当てられた文書を、まるで聖遺物でもあるかの様に包み運んでいた。全員が騎乗、二頭のヤクはヤク追い人が扱っていた。遠くから見れば、重要人物のキャラバンであるかのごとく見えたかもしれない(実際にはそれとは全くかけ離れた、数ヶ月前にヒマラヤからチベットに飛び込んできたみすぼらしい放浪者のキャラバンなのだが)。
我々の進む道は、ヒマラヤの分水嶺を越え、南東に向かっている。ツァンポ川は、渡る際にはすでに凍り、テントの中で過ごす夜は痛烈に寒かった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ