〜解説〜

月21出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-3

After riding for a week, we reached Dzongka, which was visible from a long way off by reason of a thick cloud of smoke which hung over the houses. Dzongka really deserved to be called a village. It contained about a hundred mud-brick houses grouped about a monastery, and around the village were cultivated fields. The village was situated at the junction of two streams that form the river Kosi and, penetrating the Himalayas, flow into Nepal. The place was enclosed by a thirty-foot rampart and commanded by a splendid peak, some 20,000 feet high, called by the natives Chogulhari. It was Christmas Day when we came into Dzongka - our first Christmas since we had escaped. We were lodged in surprisingly comfortable quarters. The tree line was only two days away, and wood was no longer an expensive luxury; it could be used for building and for all household needs. A contraption of tin build around stove in which we burned crackling juniper wood warmed the whole room very agreeably. When evening came we lit some Tibetan butter lamps, and to celebrate the day we soon had a leg of mutton stewing in our cooking pot.


訳:


幸福の村-3

一週間後、ゾンガに到着。家々に覆い被さる煙の厚い雲のおかげで、この村は遠くから見ることが出来た。
ゾンガは本当に村と呼ぶにふさわしい。寺院を囲んで100件ほどの日干し煉瓦の家々が群がり、村の周囲には耕された畑が広がっていた。村は、二つの川の合流点に位置し、これらの川はコシ川となりヒマラヤを貫きネパールに至る。またここは、30フィートの城壁に囲まれ、さらに20,000フィートの高さの素晴らしい山が村を見下ろす様にそびえる(村の人々はチョグルハリと呼んでいた)。
ゾンガに入ったその日はクリスマス、逃亡してから初めてのクリスマスだった。我々は、驚くほど快適な宿をあてがわれた。ここは樹木限界線からたった二日のところに位置するため木材がそれほどぜいたく品ではない。そのため、建材や家庭用品にも使われている。パチパチ音を立てるビャクシンが燃えるストーブの周りにブリキが巡らす、という工夫のおかげで、部屋全体がとても気持ちよく暖かかった。夜が来ると、我々はチベットのバターランプを幾つか灯し、クリスマスを祝うため、羊の腿のシチューを作った。


英語トップ前の解答へ次の解答へ