〜解説〜

月11出題分
2人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-4

As in every other place in Tibet, there were no public inns here. Billets in private houses are assigned to travelers by the authorities. This is done by rotation, so that the population is not too badly inconvenienced, and the arrangement forms part of the taxation system.
We had not planned to stay here long, but we were kept in Dzongka a whole month by heavy snowfalls. All day thick snowflakes fell and communications were interrupted. We were glad of our rest here, and interested ourselves in some of the activities of the monks and enjoyed as spectators the performances of a group of dancers from Nyenam.
A number of aristocratic officials lived here, and we soon made friends with them. By now we spoke good Tibetan and carried on long conversations through which we gat to know much about the manners and customs of the country. St. Sylvester' Eve passed uncelebrated, but our thought dwelt more than ever on home.
Whenever we could, during this period of waiting, we made short expeditions in the neighborhood and found many sandstone caves, a mine of interest to us, containing idols of wood or clay and leaves from Tibetan sacred books - offerings no doubt to the saints who used to live in these caverns.


訳:


幸福の村-4

チベットではどこでもそうだが、ここにも公共の宿は無かった。旅行者には、個人宅が宿舎として役所からあてがわれるのだ。これは交代性で行われており、住民にはそれほど負担とならない上、税のシステムの一部ともなっている。
ここ、ゾンガに長く滞在する予定では無かったのだが、大雪の影響でまるまる一ヶ月い続ける羽目になった。一日中重い雪が降り続き、行き来は閉ざされてしまった。我々にはこの休みが嬉しかった。ある種の僧侶の活動は興味具かかったし、ニュエナムから来た舞踏団の演技を見物したりもした。
ここにはたくさんの貴族階級の役人が住んでおり、彼らとすぐ友人になった。この頃には我々のチベット語会話能力は上がり、長い会話も続けられる様になっていたため、この国の作法や習慣を多く知ることが出来た。大晦日は特に祝わなかったが、今までに無く故郷のことが思い出された。
この待期期間中、出来得る限り近場の探検をした。砂岩の洞窟が数多くあったのだ。そこは我々の興味の宝庫で、木や粘土で出来た神像や経典からの紙切れが多数見つかった。きっと、ここに住んでいた聖人への捧げ物に違いない。


英語トップ前の解答へ次の解答へ