〜解説〜

10月2出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-5

On January 19, the roads were sufficiently passable to allow us to start off in company with a huge yak caravan. A head of us went a herd of yaks, carrying no loads, which acted as snowplows and seemed to enjoy the exercise very much. The country was intersected by valleys and ravines, and in the first two days we crossed no fewer than twelve bridges over the Kosi. My yak, which came from Changthang, was unused to bridges and jibed vigorously when he had to cross one. It was only by pushing behind and pulling in front - an operation in which the drivers enthusiastically assisted us - that we could get him across. I had already been warned not to bring him to Kyirong as he would not be able to stand the hot summer climate, but I had not wanted to leave him behind in view of our plans for flight, which we had not abandoned. Throughout all this time my thermometer showed an unvarying temperature of -30 degrees Centigrade. There were no lower markings on the instrument!


訳:


幸福の村-5

1月19日、道が十分に通れる様になり、我々は大きなヤクキャラバンと一緒に出発することが出来た。先頭は荷を積んでいないヤクの群れで、除雪の役割を担っていた。彼らはその運動を楽しんでいる様だった。土地は谷によって分断され、最初の二日でコシ川に架かる橋を少なくとも12は渡った。チャンタンから連れて来た私のヤクは、橋に慣れていないので、橋を渡る際に強く抵抗し、後ろから押し前から引っ張ってやらないと渡らせることが出来なかったが、その際、ヤク追い達が力強く手を貸してくれた。私はすでにヤクをキロンに連れて行かない様に注意されていた。それというのも、暑い夏に耐えられないだろう、ということだった。しかし私は彼を手放す気は無かった。彼は逃亡の際に必要なのだ(我々はまだ諦めていなかった)。
行程の間中、手元の温度計は−30℃を示していた。それ以下の目盛りが無かったためである!


英語トップ前の解答へ次の解答へ