〜解説〜

10月23出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-6

We were deeply impressed by a rock monastery in the neighborhood of the village of Longda. Seven hundred feet above the valley, red temples and countless cells were perched like birds' nests on the rocks. Despite the danger of avalanches, Aufschnaiter and I could not refrain from climbing the rock face, and so obtained another wonderful view of the Himalayas. We also met some monks and nuns and learned from them that this was the monastery founded by Milarepa, the famous Tibetan saint and poet, who lived in the eleventh century. We could easily understand that the glorious surroundings and the loneliness of the place were peculiarly adapted to meditation and the making of poetry. We left this place regretfully and determined to revisit it one day.
Every day we found less snow and after reaching the tree line soon found ourselves in a really tropical region. In this atmosphere the winter garments given us by the Tibetan government were too warm for us. Now we came to Drothang, the last stopping place before Kyirong. I remember that all the inhabitants of this place had highly developed goiters, which one rarely sees in Tibet. We took a week to get to Kyirong, which when the road is good is only three days' march from Drothang, and can be reached in a single day by a fast courier.


訳:


幸福の村-6

ロンダ村近くの岩の寺院には感銘を受けた。谷から700フィートの高さに位置する赤い寺院と数え切れないほどの独居房が鳥の巣のごとく岩にへばりついていた。なだれの危険はあったものの、アウフシュナイターと私は岩肌を登らずにはいられなかった。おかげで、また別のヒマラヤの素晴らしい景色を拝むことが出来たし、幾人かの僧侶や尼僧に会い、ここはチベットでは聖人そして詩人として有名なミラレパ(11世紀の人)が建立した寺院ということも知った。なるほど、この荘厳な環境と寂しさは、暝想や視索にとても適したに違いない。ここを去るのは残念だったが、またいつか来ようと決意した。
日々雪は減り、樹木限界線を達するとまさに熱帯の様相を呈してきた。この環境では、チベット政府から支給された衣服は暑過ぎた。さて、我々はドロサンに到着した。キロンに向かう最後の中継点である。ここの住民はみな甲状腺腫を抱えていた(首が非常に腫れていた)が、これはチベットの他の地域では見かけない光景だ。ここからキロンまでは一週間、道さえ良ければたった三日で済む。さらに急使であれば一日で到着してしまうという。


英語トップ前の解答へ次の解答へ