〜解説〜

12月4出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-8

On the ground floor were the stables for cows and horses. They were separated by a thick ceiling from the living rooms of the family, which are approached by a ladder from the courtyard. Thick stuffed mattresses served as beds and easy chairs, and near them were small, low tables. The members of the household kept their clothes in brightly painted wardrobes, and before the inevitable carved wooden altar, butter lamps were burning. In winter the whole family sit on the deal floor boards around a huge open log fire and sip their tea.
The room in which Aufschnaiter and I were put was rather small, so I soon shifted to the hay barn next door. Aufschnaiter carried on our unceasing struggle with rats and bugs, while I had to cope with mice and fleas. I never got the better of the vermin, but the view over glaciers and rhododendron forests made up for my discomfort. We had a servant allotted to us, but preferred to do our cooking ourselves. We had a fireplace in our room and were given wood to burn. We spent very little money; our provisions did not cost us more that 2 pounds and 10 shillings a month each. I had a pair of trousers made, and the tailor charged half a crown.


訳:


幸福の村-8

一階は牛・馬小屋、厚い天井に仕切られその上が居間だ。ここには、中庭からはしごを使って入ることが出来る。たっぷりと中身が詰まったマットレスはベッドや安楽椅子として用いられ、そのそばには小さく低いテーブルがある。家族の人達は鮮やかに色が塗られた衣装箪笥に服をしまい、その前にはどこの家庭にも見られる木彫りの祭壇があり、バターランプが灯されている。冬には家族全員が、もみ材の床板の上、薪を燃やす暖かい暖炉の周りに座り、お茶をすするのだ。
アウフシュナイターと私にあてがわれた部屋はかなり狭く、私はすぐに干草小屋に引っ越した。アウフシュナイターはドブネズミと虫に、私の方はハツカネズミとノミにひっきりなしに悩まされた。この害虫・害獣を退治することは出来なかったが、氷河とシャクナゲの森を見渡す景色がその不愉快さの埋め合わせをしてくれた。我々には召使が一人与えられたが、我々自ら調理する方は良かった。部屋には暖炉があり、燃料用の薪ももらうことが出来た。生活にかかるお金は本当に少なく、食費は月に2ポンド10シリングを上回ることはなく、ズボンを一着作ったが、半クラウンしかかからなかった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ